「年齢を重ねるたび噛み合わせが悪くなっている気がする」「歯並びが悪くてうまく磨けない」。でも、ハリガネが目立つ矯正器具は着けたくない――。そんな人が通うのは、新丸子で20年近く幅広い歯科医療を提供する「サンタ歯科クリニック」だ。医療技術が進む現在、歯科医には常に新しい情報を得ることが求められる。同院は託児所と連携した子育て世代のサポートやバリアフリーの院内設計などに率先して取り組み、世代を問わず地域の患者を迎え入れている。ホワイトニング機器

 「矯正を始めるのに遅すぎることはありません。ハリガネに抵抗がある人には、透明なマウスピースによる『目立たない矯正』があります」と話すのは、同クリニックの三谷浩一院長だ。矯正器具の正確性や再現性を重視し、3Dプリンターを用いて患者だけのマウスピースを作り、定期的に交換しながら少しずつ歯を動かす。自身も同じ手法で治療中という三谷院長は「器具は取り外し可能なので食事や歯磨きにも支障がない。顔や見た目の印象を普段と変えずに治療できます」とそのメリットを話す。歯科根管治療用

 三谷院長のモットーは「負担のない範囲で最善の治療を提供すること」。そのため矯正治療でも、長時間口を開ける『歯型取り』の負担を軽減するため、口腔内スキャナーを新たに導入した。「患者さんには、負担軽減のためにも、より優れた技術や素材を使っていただきたい」と三谷院長。

 同院では、矯正のほか保険診療の白い歯など、さまざまな治療を選択できる。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/52918


[PR]
# by uraeloene | 2018-01-31 12:41 | Comments(0)

 地域の「歯の健康」を長年にわたり見守ってきた「くぼくら歯科医院」(増永浩一院長)。昨夏より近くの仮診療所で診療を行ってきたが、このほど本院の全面建替えが完了した。エアーコンプレッサー

 2月5日(月)に本院での診療をスタート。桜ヶ丘駅徒歩1分という好立地で、一般歯科、小児歯科、矯正、審美、口腔外科、インプラントといった、歯に関する総合的な診療を行う。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 先端設備と技術で患者一人ひとりに向き合う同院。虫歯治療では、削った歯にセラミックを被せ「治療後も白い歯を実現」する施術を行っている。今までは粘土で歯型を取り、修復物を設計・製作していたが、3D光学ビデオカメラで口の中をスキャンするため、その必要がない。この特殊機器により最短1日で治療が終了するという。

 「患者様が快適に治療に臨めるように」。その思いは、院内環境、治療設備など随所に生かされている。肉眼では見えない部分まで「診る」先端を行くマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の導入や、動画を使用した治療説明、CTスキャンで口腔内を立体的に確認した上での治療なども一例だ。


http://luccye.junglekouen.com/e924350.html


[PR]
# by uraeloene | 2018-01-31 12:36 | Comments(0)

 臓器移植を希望する患者は日本で約1万4千人。その中には、臓器提供者(ドナー)が現れるのを何年も待ち、移植が間に合わずに亡くなるケースも多い。移植目的の海外渡航も多大な費用がかかる上、「手術に必要な臓器は自国内で確保すべき」という世界的な流れに反しかねない。脳死した人からの臓器提供が可能となった臓器移植法施行から20年。待機患者は何を思い、どんな日常を過ごしているのか。脳死者の心臓を移植することでしか治療できない重い心臓病を患い、補助人工心臓(VAD)で命をつなぐ男性を訪ねた。(佐藤健介) ホワイトニング機器

 加古川市の歯科医院。患者に笑顔でいたわりの言葉を掛け、診察を終えた歯科医師の山本秀樹さん(53)がVADを載せた台車を引き、歩いて移動する。VADの管は山本さんのへそ付近から皮膚を貫通して体内に入り、機能の弱った心臓を動かしている。歯科根管治療用

 「1回死んだような病気をしたので、患者の不自由さがより理解でき、診療も丁寧になった。ドナーが現れるかは天命。今はただ、患者を助けるために働きたい」と前向きに話す。

 心臓の筋肉が弱くなって全身に血液を送ることができなくなる「拡張型心筋症」を発症したのは2007年。その後も診察などによる疲労蓄積で悪化し、16年春には心肺停止に陥った。17日間に及ぶ昏睡(こんすい)状態の末に意識を取り戻したが、全身はほぼ動かず、言葉も出ない。心臓移植しか助かる道はないと知り、日本臓器移植ネットワークの移植待機者登録を決意した。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/52916


[PR]
# by uraeloene | 2018-01-30 12:46 | Comments(0)

 では、「認知症の予防」という観点でいうと、いつ頃から歯周病に注意すればいいのであろうか。

 アルツハイマー型認知症の高い発症率を示す年齢層は、70歳代である。しかし、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβの脳への蓄積は、発症する1015年以上前から始まっている。そのため、認知症の発症予防のためには、遅くとも50歳代で歯周病がコントロールされていなければならない。エアーコンプレッサー

 もちろん、それよりも早ければ早いほど望ましいことは言うまでもない。

 そして、アルツハイマー型認知症において歯周病が問題となる理由が、実はもう一つある。それは、虫歯もそうだが、歯周病により、「歯を失う」という状況が生じることだ。歯の機能は、食べるという咀嚼機能だけではない。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 物を「噛む」という行為による脳への刺激が、脳の活動において極めて重要なのだ。

 例えば、高齢者において、残っている歯が少ないほど、記憶や学習能力に関わる海馬、意志や思考の機能を司る前頭葉とよばれる脳の一部の容積が小さくなることが分かっている。つまり、歯を失い物が噛めなくなると、脳への刺激が減少して脳の働きに影響が生じ、その結果として、アルツハイマー型認知症のリスクが増すのである。

 以上のことから、アルツハイマー型認知症の予防において、歯周病予防がいかに重要であるかがご理解いただけたことと思う。

 日本のように、一般的に医療が進んだ国においては、長生きすることはできる。しかし、身体的、精神的に健康な状態で長生きできるかどうかは、また別の問題だ。認知症の場合、命としては長く生きられるが、満足のいく幸せな生活かどうかを考えると疑問が残る。幸せに長生きする為にも、定期的な歯科への受診と合わせて、日々丹念な口腔ケアを行っていただき、歯と口の状態を健康で良好に保つことを心がけてほしい。


http://luccye.junglekouen.com/e924330.html


[PR]
# by uraeloene | 2018-01-30 12:43 | Comments(0)

 岐阜市の歯科医院に勤務していた際にうつ病を発症したのは、産休や育児休業を巡って上司から受けた嫌がらせ(マタニティーハラスメント)が原因として、20代の歯科技工士の女性が医院や上司に約1050万円の損害賠償と社員としての地位確認を求めた訴訟の判決で、岐阜地裁は27日までに、計約500万円の賠償を命じ、地位を認めた。ホワイトニング機器

 鈴木基之裁判長は「被告らの行為で精神的負荷がかかった以外にうつ病を発症する事情はなく、業務起因性が認められる」と判断した。歯科根管治療用

 歯科医院の副院長は「産休や育休には誠実に対応しており、嫌がらせをした認識はない。判決を確認した上で控訴する」としている。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/52397


[PR]
# by uraeloene | 2018-01-29 17:55 | Comments(0)