インフルエンザの流行期を迎える中、群馬県の館林厚生病院(館林市成島町、新井昌史院長)は6日、入院患者11人と職員8人の計19人がインフルエンザB型に集団感染し、このうち70代と90代の患者2人が死亡したと発表した。19人中18人が同じ病棟にいたことから、院内感染の疑いがあるとして、新規の入院や転棟を一部制限している。感染経路は特定されていない。館林保健福祉事務所は近隣の医療機関に対し、感染予防の徹底を呼び掛けている。ホワイトニング機器

 病院によると、亡くなったのは90歳の男性患者と79歳の女性患者。男性は3日、女性は4日に死亡した。死因については、もともとの病気によるものと説明している。亡くなった2人を除き、全員快方に向かっているという。歯科根管治療用


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53642


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-07 15:36 | Comments(0)

 聖マリア病院(久留米市津福本町)は米国製の内視鏡手術支援ロボットを導入し、今年1月、筑後地区で初となるロボットを使った胃がん手術を実施した。患者の体内を3次元映像で確認でき、手ぶれが抑えられるなど安全性の向上が期待される。設置費などを含めた総事業費は約3億円。エアーコンプレッサー

 病院によると、導入したのは最新機種の「ダビンチXi」で昨年7月に購入した。院内にさまざまな診療科の医師がロボット手術の手技を学ぶ「ロボット手術センター」も立ち上げ、トレーニングを続けてきた。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 ダビンチでの手術は体に数センチの穴を開けてアームを挿入。アームは4本で1本は医療用カメラ、残りは先端にメスやはさみなどが付いた手の代わりで、患部を切除したり、縫合したりする。手術を担当する医師は近くの操作台で映像を見ながら動かす。

 ダビンチでの手術はこれまで前立腺がんと腎臓がんの一部しか保険適用されていなかったが、今春から胃がんや食道がん、肺がんなど12の手術にも認められることになった。センター長で、移植外科の谷口雅彦診療部長によると当面は胃がんの手術について、病院が費用を負担し、自由診療で症例を重ね、保険適用を目指していく方針。将来的には肺がんなどへの対応拡大も視野に入れているという。

 1例目の手術を担当した廣方玄太郎医師は「(患者は)経過も順調で7日間で退院した。慣れれば、人の手に比べ自由度も高い」と利点を語った。


http://luccye.junglekouen.com/e924992.html


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-07 15:32 | Comments(0)

 ロックミュージシャンのサエキけんぞうさんを招いた講演「日本にロックができるまで! パイオニアたちの知られざる闘いを語ろう!」が2月4日午後2時半から、北島町立図書館・創世ホールで開かれる。日本ロック創成期の1960~70年代に活躍したムッシュかまやつさん、大滝詠一さん、加藤和彦さんの巨匠3人に焦点を当て、日本ロック史について縦横に語り尽くす。ミニライブも行う予定。入場無料。ホワイトニング機器

 この10年間に相次ぎ亡くなったかまやつさん、大滝さん、加藤さんと交流のあったサエキさんが、本人から直接聞いた逸話を紹介。日本にロック音楽を根付かせるため、呻吟(しんぎん)苦闘した3人の知られざる曲作りの舞台裏について、貴重な音源を聴きながら分析する。歯科根管治療用

 図書館1階では、3人が所属したザ・スパイダース、はっぴいえんど、サディスティック・ミカ・バンドのCDや書籍などを紹介するミニ展示も開催中。

 サエキさんは徳島大歯学部出身で歯科医師の傍ら、ロックバンド「パール兄弟」などで活躍。日本ロック史に造詣が深く、最近も音楽評論家・中村俊夫さんとの共著「エッジィな男 ムッシュかまやつ」を出版したばかりだ。

 サエキさんの徳島での講演は、2006年秋に同ホールで坂田明さんと対談して以来。今回は親交のある町嘱託職員小西昌幸さん(61)の呼び掛けで実現した。サエキさんは「第二の故郷に音楽の躍動が訪れるよう、聴き応えのあるエピソードを語りたい」と意気込んでいる。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53627


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-06 15:00 | Comments(0)

Stratasysの日本法人であるストラタシス・ジャパンと歯科矯正専門技工所であるASOインターナショナルは、ASOインターナショナルがStratasysの「Objet500V Dental Selection」をはじめとするPolyJet方式3Dプリンタを3台導入し、201841日より、新たなデジタル歯科矯正サービス「AsoAligner DIGITAL」を開始すると発表した。エアーコンプレッサー

今回のサービスは、両社が3年ほど前から実現に向けて取り組んできたプロジェクトをベースとしたもの。高生産性を追求することを目的に、高速かつ造形スペースの広い3Dプリンタを活用することで、生産効率の向上とアライナー(透明素材の矯正器具)の精度向上を実現した。 具体的には、アライナーの製作日数を従来の14日から7日間に短縮。製作能力は従来ソリューション比で最大380%の増加を実現した。また、デジタル化により、品質の標準化を実現。技工士によって生じていたアライナーの品質のばらつきの解消や、口腔印象の誤差を30分の1に減少させたほか、製作回数を複数回に分けることで、治療後半での微調整も可能都市、治療完了までに生じるアライナーの不適合を軽減させることも可能としたという。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

このほか、全国的に広がる矯正技工士の人材不足も、3Dプリンタでの製造を夜間などに実施することで、作業負担を軽減できるほか、石膏ではなく樹脂での作業になるため、粉塵などによる病気リスクの減少といった労働環境の改善にもつなげることができると両社は説明している。

なお、ASOインターナショナルは、将来的には、矯正とかみ合わせ、全身のバランスはつながっているとし、これまでの矯正向けサービスのみならず、インプラントなどのサービスの提供も含めて、総合的なソリューション展開を図っていきたいとしている。そのため、国内での歯科矯正患者数の拡大に対応することを見据え、矯正に対する患者の不安に対するケアや、患者の近隣の歯科医の紹介なども行うような新会社の設立なども進めていく計画としている。


http://luccye.junglekouen.com/e924894.html


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-06 14:50 | Comments(0)

DentaLight では、このような課題を解決するために、歯科医院が患者に対して予防治療を含めたリテンションのツールとして使えるジニー(名前の由来は「お大事に〜」から)、また、患者は次の通院がどういう治療目的なのかの説明を受け、予約時間のリマインド告知などで通院のモチベーションをもたらす MyDental を開発した(MyDental 3月を目標に開発中で、現在機能の一部がモバイルの SMS で代替されている)。ホワイトニング機器

DentaLight では、これまでにジニーを福岡県・山口県の50軒程度の歯科医院に導入。歯科医院の約8割程度では、(カルテではなく)患者管理(一般企業で言えば顧客管理)を紙の台帳に依存しているそうだが、最良のケースではジニー導入により60時間の労働時間削減を実現し、売上が1.2倍になったところもあるという。歯科医院の営業形態は都市部と郊外では大きく異なるそうで、特に郊外型の歯科医院では、少ない受付担当者で多くの患者を診る必要があるため、引継業務などが煩雑化する傾向にあり、ジニーが威力を発揮するのだという。歯科根管治療用

現在開発中の myDental では、例えば、家族で歯科医院に通院している場合、子供がちゃんと歯科医院に行ったかどうかを母親がアプリで確認できたり、歯科医院に入っているシステム(クラウド化はされておらず、オンプレミスの場合が多い)と連携し、治療の履歴や写真を見れたりするようにしたい、とのことだ。

今後は福岡県や山口県だけでなく、医療産業都市を宣言している神戸市や東京都内の歯科医院にも進出したいとのこだが、前述したように都市部と郊外では歯科医の事業形態が異なるため、ジニーや myDental のビジネスモデルにも何かしら微調整が必要かもしれない、と藤久保氏は正直な心境を語ってくれた。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53422


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-05 12:56 | Comments(0)