次に大切なのが「唾液」だ。唾液の中にはリゾチームやラクトフェリンといった天然の抗菌成分が含まれている。唾液の量が多ければ、それだけバクテリアの繁殖を防いでくれるのだ。ホワイトニング機器

「口の中はpHが中性であるのがベストです。唾液の量が多く、質もいい人は、中性に保つ能力が高い。また唾液が多いと口臭も少なくなります」 歯科根管治療用

水分摂取量の少ない人、コーヒーや緑茶、ウーロン茶などを水代わりに飲んでいる人は、カフェインなどの影響を受けて唾液が出にくくなる。また、あまり噛まずに食事をしている人や、普段上下の歯を接触させる癖(TCH)や、噛み締める癖がある人も唾液が少ない傾向にあるという。

「唾液の量が少ない人ほど唾液の質も悪くなりやすいと感じます。唾液も亜鉛不足やタンパク質不足など、栄養面での偏りが影響するので、MEC食は効果的。食習慣の面では、噛むことを意識しましょう。ものを食べるときは、30回以上噛むのがベスト。消化の面でも体に優しいです」

なかには、多忙で仕事をしながら食事するのが日常という人もいるだろう。そんな人は、せめて噛むときは箸を置くようにしてほしい。箸を持ったまま噛んでいると、つい次のものを口に運びたくなるからだ。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53681


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-23 15:48 | Comments(0)

「食生活」については、吉岡氏は「MEC食」を推奨している。「MEC食」は、医師の渡辺信幸氏が提唱する食事法。MEATEGGCHEESEの頭文字から取っており、肉、卵、チーズを積極的に摂るということだ。エアーコンプレッサー

「歯の健康を考えたときに、必要な栄養素はタンパク質、鉄、亜鉛、ビタミンB群、脂質などです。これらの栄養素を意識的に摂っていくことで、虫歯や歯周病になりにくい体質になることができます。これらの栄養素を効率的に摂るために、わかりやすいのがMEC食なのです」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

ビジネスパーソンであれば、昼食はコンビニ弁当や外食で済ませるという人も多いだろう。そのメニューを選ぶ際、ラーメンならチャーシューメンにする、牛丼なら卵を追加する、パスタならカルボナーラにする。少しでも「肉、卵、チーズを食べる」ということを意識してほしい。


http://luccye.junglekouen.com/e925497.html


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-23 15:45 | Comments(0)

 しかし、米長期債利回りは、古くは(といっても1990年頃だが)、8%を越えていたのだ。ホワイトニング機器

 だからまだ2.8%台は絶対大丈夫とまでは言い切れないものの、今回の下落は一時的なものに終わる可能性が高いと見る。それゆえ、少しの戻りで、ここは絶好の押し目とばかり積極的に買い進むわけに行かないものの、6日に大きく売り込まれ、その後回復に転じたものの、また週末に売られた銘柄で、6日の安値を下回らなかった銘柄、これらに投資するのが安全度が高く、今後の成果も上がりやすくなる。歯科根管治療用

 そこで、具体的にはまずはアウトソーシング <2427> だ。人手不足を背景にして製造業向け派遣と製造請け負い事業の好調が続いているため、株価の回復は早いと見てよい。

 中堅企業のM&Aに強い日本M&Aセンター <2127> も現在水準なら手掛けやすく、安全度も一時よりは高くなっている。

 食品関連の中小企業を買収、グループ化することで経営効率の改善に成功しているヨシムラ・フード・ホールディングス <2884> も手堅い投資に向く。ギョーザに強いことも好ましい。ギョーザは人気食品だからだ。

 堅調そのものの動きを保っていたアルコニックス <3036> も今回は下げてしまった。しかし、週末は6日の安値をなんとか割り込まずに済んだ。レアメタルなど非鉄中心の商社であることを考えると、株価は適度な押しを入れたと判断してよく、戻り切らないうちにシフトしておきたい銘柄の一つになる。

 手術用針や眼科用ナイフ、歯科用治療機器類に強いマニー <7730> も、市場全体の下げにつき合ったものの、急落はなかった。形ばかりの下げ。こんな形であり、堅調さが際立つ動きを見せた。今後も同様の展開が見込めるため、安全投資の観点からは引き続き魅力的だ。

 最後に電子機器と光学機器で高技術を持つテクノホライゾン・ホールディングス <6629> [JQ]を。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53675


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-12 15:31 | Comments(0)

最後は「歯のメンテナンス」だ。これは歯医者でプラーク(歯垢)を取ってもらうなど、定期的なクリーニングを行うことを前提に、歯磨きの仕方を工夫するということだ。なかでも大事なのは「歯磨きをする時間帯」だという。エアーコンプレッサー

「朝食後と夜寝る前に歯磨きをする、という人が大半だと思いますが、朝の歯磨きは、寝起きすぐにしてください。バクテリアは、寝ている間に爆発的に増えます。朝起きたときが最も口内環境が悪いわけです。そして、寝起きの歯磨きは歯磨き粉を使わずに行ってほしい。歯磨き粉を使うと、適当に磨いても綺麗になった気分になりますが、歯磨き粉を使わなければ、どこまで綺麗に磨けたか、歯の状態がよりわかりやすいからです」 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

まずは、歯医者で歯のクリーニングをしてもらい、歯のベストコンディションを知ろう。そこに近づけることが歯磨きの目的だ。

「歯磨きは1つの技術です。人により歯の形や力、器用さが異なるため、上手に磨ける歯ブラシは百人百様。電動歯ブラシで上手に磨ける人もいれば、普通の歯ブラシが磨きやすいという人もいる。何本も試して自分にとって究極の1本を見つけましょう」


http://luccye.junglekouen.com/e925397.html


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-12 15:26 | Comments(0)

 中世という時代は歯科治療に関して、知識の正確さや問題解決のための道具においてかなり進歩が見られた歴史の転換期だった。ホワイトニング機器

 だが、大きな発展は、虫歯の予防対策、歯科衛生という意識が生まれたことだ。

 今日の歯磨きやマウスウォッシュのように、フッソやアルコールがすぐに手に入る時代ではなかったが、中世ヨーロッパの人々は、きれいな布で歯をこすって清潔にし、口内から汚いものを取り除く知識を持っていた。これはいい口臭の助けにもなった。歯科根管治療用

 当時、砂糖の値段がとても高かったため、この時代は虫歯の問題には無縁だったが、裕福な階級には酢や、バクテリアを殺して息をさわやかにする成分を含んだマウスウォッシュがあった。

 1158年、ビンゲンのヒルデガルトは次のように勧めている。

歯を健康にしたいなら、朝起きたときに冷たい純水を口に含み、しばらくそのままにする。そうすると、歯のねばつきが和らぎ、歯を洗うことができる。これを頻繁に続けると、ねばつきが徐々に減り、歯の健康が保たれる。

この粘液は寝ている間に歯に付着するため、目覚めたら冷水できれいにするべきだ。湯よりも冷水のほうがいい。湯だと歯が脆くなる。

 中世は予防歯科治療の最盛期となり、自分の歯の健康と見栄えを保つあらゆる方法が大いに注目された。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53668


[PR]
# by uraeloene | 2018-02-11 12:09 | Comments(0)