インフルエンザ 院内集団感染 高齢患者2人死亡 館林厚生病院

 インフルエンザの流行期を迎える中、群馬県の館林厚生病院(館林市成島町、新井昌史院長)は6日、入院患者11人と職員8人の計19人がインフルエンザB型に集団感染し、このうち70代と90代の患者2人が死亡したと発表した。19人中18人が同じ病棟にいたことから、院内感染の疑いがあるとして、新規の入院や転棟を一部制限している。感染経路は特定されていない。館林保健福祉事務所は近隣の医療機関に対し、感染予防の徹底を呼び掛けている。ホワイトニング機器

 病院によると、亡くなったのは90歳の男性患者と79歳の女性患者。男性は3日、女性は4日に死亡した。死因については、もともとの病気によるものと説明している。亡くなった2人を除き、全員快方に向かっているという。歯科根管治療用


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/53642


[PR]
by uraeloene | 2018-02-07 15:36 | Comments(0)