歯列矯正やインプラントは数千年前からあった!?
古代ローマの基礎となったエルトリア文化、それはイタリア半島中部の先住民族であるエトルリア人が築いた文化です口腔内照明器。 その古代エトルリア人の少女の歯にゴールドのバンドが小臼歯から反対側の小臼歯まで連なっていたようで、それは下顎を歯列矯正する為に装着された装置ではないかと言われています。 もしエトルリア文化の時代に歯列矯正が行われていたとしたら、もちろん古代ローマでも行われていたでしょう。 その他にも古代ローマ時代の人骨から鉄製のインプラントが上顎骨に埋め込まれたというのが発見されています歯科研磨機。エトルリアや古代ローマはとても高度な文化だったとして有名なのですが、紀元2世紀頃から歯列矯正やインプラントがされていたというのは驚きですね。
技工室用照明/吸塵口付き研磨機AX-J4
古代ローマ人が歯を白くしようと使用した物とは?
古代ローマでは『歯を白くしよう』という意識が高まっていたようで、なんとこの時代から歯のホワイトニングは行なわれていたようです歯科技工用真空成型器 。しかも使用されていたのは『人の尿』しかも『ポルトガル人の尿』は高級品とされており、富裕層は多額のお金をつぎ込んでいたようです。 これは自分達ローマ人の尿だと流石に抵抗があった為という背景があるようですが、何故ポルトガルだったんでしょう。しかし、ポルトガル人は自分の尿が売買されていてどんな気分だったんでしょうね。 ちなみに尿の中に含まれている尿素(約2%ですけど)ですが、現代は過酸化尿素にして歯磨き粉だったりホワイトニング剤に使われていたりしているので意外に根拠があったりします。流石は古代ローマ人と言ったところでしょうかね。
関連記事

口呼吸は歯並びを悪くする原因になる


[PR]
by uraeloene | 2017-04-07 23:07 | Comments(0)

第49回ミス日本コンテスト2017で、「ミス日本『海の日』」に選ばれた大津市出身の歯科医師三上優さん(25)が14日、滋賀県庁を表敬訪問した。

 今年のコンテストには計2156人の応募があり、グランプリ、ミス日本「水の天使」、準ミス日本など5人が選出された。口腔内照明器三上さんは大阪市内の医院に勤務しながら、主に海の恵みを紹介したり、海洋レジャーの安全を呼び掛けたりする活動を担う。歯科研磨機

 県庁で三日月大造知事と懇談した。比叡山高の出身で、幼いころから琵琶湖を見て育ったという三上さんは「海とつながる琵琶湖の魅力や森の大切さも紹介したい。ミスの発信力を生かし、歯の健康もPRしていきたい」と抱負を語った。

COXO®歯科コードレス口腔内用照明装置MaxBiteDB-138

[PR]
by uraeloene | 2017-03-29 20:46 | Comments(0)

糖尿病と歯周病

糖尿病になると血糖が増え、それが合併症を引き起こす原因になりますが、高血糖の影響は口の中にも現れます。口腔(こうくう)内に起こる合併症では、歯肉が侵される糖尿病性の歯周病があります。

 口の中が清潔に管理されていない歯周組織は、すでに歯肉の炎症を起こしていることが多く、それが糖尿病によって助長された状態を糖尿病性の歯周病と呼びます。歯科研磨機

歯科技工用ミニタイプ研磨機
 歯は歯周組織によって支えられています。歯周病はこの歯周組織が細菌によって炎症を起こしたり、顎の骨が破壊される病気です。血管の障害のため、白血球の機能低下を起こして治癒力が弱まり、歯周病が悪化しますスリーウェイシリンジ用 ノズル。一方の糖尿病も同様の合併症を起こすために、糖尿病で歯周病に悩む人は多いのです。

 糖尿病は血管壁の柔軟性が失われ、白血球の機能低下、コラーゲン合成機能の低下などの重大なトラブルが見られます。そのため歯周組織の破壊が進みやすくなり、また治るのも遅れがちになります。

 歯周病の悪化防止のためには、食事や生活習慣に留意して糖尿病を進行させないことや、口の中の清潔を守ることが重要です。糖尿病も歯周病も同時に治療して、健康を保つよう心がけてください。

[PR]
by uraeloene | 2017-03-29 15:44 | Comments(0)