岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科分野の森田学教授と、同学保健管理センターの岩崎良章教授らの共同研究グループは、歯科医院で歯科に関する知識を得た人ほど、良い歯科保健行動を取っているのを明らかにした。ホワイトニング機器

共同研究では、同学の学生2220人を対象とした調査をもとに、歯科医院で歯科に関する知識を得ている者と、そうでない者を比較。前者は後者に比べて1.49倍、デンタルフロスを使用する傾向にあった。また2.92倍、定期的に歯科受診をしていた。情報源としての歯科医院が、個人の行動変容を促す良い場になっていた。

さらに、デンタルフロスを使用している者や定期的に歯科受診をしている者は歯周病である者の割合が少なかった。歯科保健行動だけでなく、歯周病の保有率にも影響を及ぼしている可能性がある。歯科根管治療用

一方で、学校もしくはテレビから歯科に関する知識を得ている人は、全回答の3040%であり、そうでない人よりもそれぞれ0.69倍、0.71倍、定期的に歯科受診をしていた。1倍以下なので、定期的な歯科受診をしない傾向を意味する。これらの情報源は、良い健康保健行動を促すには効果的ではない可能性がある。

研究グループは、情報の質の向上によって、歯の健康、歯周病予防に貢献できるとしている。学校での歯の健康指導などの質も、見直さなければならないようだ。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45607


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-02 19:32 | Comments(0)

永久歯の先天性欠如

 永久歯は親知らずを除くと全部で28本ありますが、生えてくるべき永久歯が生えてこないことを歯の先天性欠如と言います。これは何らかの理由で永久歯になるための歯の卵のようなものができなかったためで、本来あるべき永久歯がないために、乳歯が長く残る、歯と歯の間に隙間(すきま)が生じるなどにつながり、歯並びが悪くなることがあります。

 公益社団法人日本小児歯科学会の調査によると、先天性欠如は約10人中1人にみられ、その数は少しずつではありますが年々増加しています。歯科レントゲン

 先天性欠如の原因は未だ明らかではなく、因果関係も明確ではありませんが、「遺伝」や「妊娠中の栄養欠如」、「全身疾患」、「薬物乱用や副作用」などが原因と考えられています。また、不要な歯が淘汰(とうた)されつつあるという説もあります。

 永久歯の先天性欠如の歯科治療方法は年代によって異なります。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 まず、小学生以下の場合は一般的には乳歯の抜歯は行わず経過観察を行い、顎(あご)の成長を誘導します。中学生以上になると全体的な矯正治療が可能になってくるので、乳歯を抜歯して矯正器具を用いて歯並びを改善して隙間をカバーする治療をすることもあります。また、20歳を過ぎると残っている乳歯は自然に抜けていくことが多く、矯正治療による隙間の改善の他に、インプラント、入れ歯、ブリッジなどの併用による治療も選択肢となってきます。

 歯の先天性欠如が認められた場合は将来的な計画が必要です。矯正治療をするのか、そのまま乳歯を使い続けるのかなど、しっかりとかかりつけの歯科医院で相談してください。(府歯科医師会学術部)


http://ameblo.jp/luccye/entry-12297804476.html


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-02 19:25 | Comments(0)

 歯科医院といえば、むし歯の治療をしてもらったり、入れ歯をつくってもらうところだと、大概の人は思っているだろう。ホワイトニング機器

 ところが近年は、歯周病とさまざまな内科的な病気との関連が注目され研究が進んでおり、歯科医院が生活習慣病などの予防医療に大きな役目を担えるのではないかと期待されている。なかでも「糖尿病」との関連は強く、「歯周病治療により高血糖が改善する」という報告が数多くあげられている。歯科根管治療用

 歯周病は慢性の感染症で、その細菌が血液中に入り込めば、特に心臓や脳、子宮などでの炎症を引き起こすおそれがあり、唾液に混じって気道に流れ込めば肺炎を引き起す可能性もある。

 そうした全身のさまざまな病気を予防するという意味で、歯周病の治療や予防が果たす役割は大きいのだ。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45582


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-01 17:17 | Comments(0)

今回、研究グループは、2,220人を対象とした調査において、歯科医院で歯科に関する知識を得ている者とそうでない者を比較。その結果、前者は後者に比べ、1.49倍デンタルフロスを使用する傾向にあること、また、2.92倍定期的に歯科受診をしている傾向にあることがわかったという。デンタルフロスを使用している者や定期的に歯科受診をしている者では、歯周病ある者の割合が少なかったことから、歯科保健行動だけでなく、歯周病の有病率にも影響を及ぼしている可能性が考えられるとしている。根管治療機器

一方で、学校もしくはテレビから歯科に関する知識を得ている人は、そうでない人よりもそれぞれ0.69倍、0.71倍定期的に歯科受診をしている傾向にあった。これは、定期的な歯科受診をしない傾向にあるということ意味している。全回答のうち3040%の学生が学校もしくはテレビから知識を得ていると回答しており、これらの情報源は良い保健行動を促すには効果的ではない可能性があるという。歯科技工用技工機器

今日では、さまざまな媒体から情報を得ることができるが、その情報源によって歯科保健行動に差がでること、そして歯周病の有病率にも影響を与える可能性が今回の研究から見えてきた。今後、情報の質を向上させることで、歯周病の予防に貢献できるかもしれない、と研究グループは述べている。


http://luccye1.ti-da.net/e9752605.html


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-01 17:09 | Comments(0)

口の中に金属が入っていて、上記の症状に心当たりがある人は歯科金属アレルギーの可能性があります。そのような場合はまず、原因となっている金属を特定する「パッチテスト」と呼ばれる検査を行います。これは、皮膚の表面に金属を含んだ試薬を貼り付けて、アレルギーの反応が起こるかどうかを調べるものです。もしもそれでアレルギー反応の出た金属があれば、原因となる金属を全て取り除く必要があります。ホワイトニング機器


原因となる金属を取り除いた後は、アレルギーを起こさない材料で詰め替えやかぶせ直しを行います。具体的にはプラスチックやセラミック、パッチテストで金属アレルギーを起こさないと分かった金属などです。金属アレルギーを起こさないような入れ歯や矯正治療の装置もあります。歯科根管治療用

もともとアレルギー体質の人、例えば花粉症や喘息、食物アレルギーなどがある人、またはアレルギー体質の人が家系にいる場合には金属アレルギーになりやすい傾向があります。ずっと治らない原因不明の皮膚のただれや湿疹などで悩んでいる人はもしかしたら歯科金属アレルギーが原因かもしれません。放置してしまうと全身へも症状が広がってしまいます。心当たりのある人は一度歯科医院で相談してみることをおすすめします。


http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40156540/


[PR]
# by uraeloene | 2017-07-31 16:36 | Comments(0)