お口のケアへの関心が高まっている中で、刺激的なタイトルをつけたものだが、そのかいもあってか前作の「歯はみがいてはいけない」は昨年の出版以来、増刷を重ねる反響を呼んでいる。著者の森昭さんは京都府舞鶴市の歯科クリニックの院長。「歯磨きは、歯ブラシに歯磨き剤をつけてゴシゴシやるのが一般的ですよね。それが歯磨きだと考えるのは間違いです」という思いが、タイトルにこもっている。今作は前作で紹介した考え方のハウツーをまとめたものだ。歯科用インプラント装置

 歯磨きは何のためにするのか。「食べカスを取るため」と答えたら、それは「×」。森さんによると、口の中の細菌の塊であるプラーク(歯垢しこう)を除去するためというのが正解だ。もちろん、細菌の栄養になる食べカスを取ることにも意味はあるが、最も大切な目的が細菌の除去なら、歯磨きよりも大切なことがある。それはフロスと歯間ブラシで歯と歯の間や歯周ポケットを掃除すること。歯科手術用照明LEDライト 歯ブラシで歯をゴシゴシやるだけでは、この部分の3割程度しかきれいにならないと言われている。「予防歯科について勉強すれば、お口のケアの目的は細菌を減らすことなのは明らかです。なぜ、日本では歯磨きばかりが強調されてしまったのか。先進国を見ると、日本の口腔こうくうケアはガラパゴスですよ」と嘆く。


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-28 16:17 | Comments(0)

どこからどう見ても、水牛。そんな可愛くもあり、面白くもあるモノが歯医者で発見され、海外のネット上で注目を集めている。

海外掲示板サイトRedditに、ユーザー「I_Love_McRibs」さんは「歯医者にいた幸せそうな水牛」というタイトルのもと、1枚の画像を投稿した。歯医者に水牛? いやいや、歯医者に水牛なんかいるはず……こっ、これは!?

・誰もが納得の “水牛”
水牛じゃないか! いや、水牛の顔をした何かだ。恐らく歯医者の治療のときによく使われるライトだろう。ボトル付きスケーラー

それにしても、これは……どこからどう見ても、水牛やないかいッ! よく見ると、こちらに向かって優しく微笑みかけてるやないかいッ!

・ネット上で大ウケ
多くのネットユーザーもそう感じたらしく、この画像には以下のようなコメントが寄せられていた。

「これはもう水牛以外のなにものでもない」
「幸せな気持ちになった」 歯科用ルートエレベーター
「行きつけの歯医者に水牛モデルがあるかをチェックするために、予約しなくちゃ」
「こんなの、偶然にできるはずがない」
「絶対に、絶対に、絶対に意図的に作ったはず」
「この水牛、ヘッドホンを装着してるように見えるね」

驚きと笑いを誘ってしまうほど水牛そっくりのライト。これを作った人は本当に水牛を意識して作ったのだろうか? もし偶然にこうなったのだとしたら、なんとも愉快な奇跡である。


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-28 16:14 | Comments(0)

その大きな理由が、医師に課された応召義務(おうしょうぎむ)です。

医師法19条は「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない」と定めています。要は、患者さんが治療を求めてきた場合に、正当な理由がないのに断ってはいけないよ、ということです。(なお「正当な事由」とは医師自身が病気であったり、医薬料が不払いだったりした場合などが想定されています(注1))

仮に、緊急の治療を求める患者さんが病院に来たのに「働き方改革で医師がいないので対応できません」という事態が起きたとすると、この定めと違ってしまいます。何より、私たち治療を受ける側にとって非常に困ることになります。ホワイトニング機器

ですので、お医者さんの働き方は「別枠」で考えなければならない、という論にも一定の根拠があるように思えます。でも、それで話を終えてよいのでしょうか?

様々な意見があると思いますが、個人的には、そう思えません。医師の働き方問題は、医師だけの問題ではなく、私たち治療を受ける側の「安全」にかかわる問題だからです。歯科根管治療用

医師の「激務」はイメージ通り

総務省の調査によれば、職業別に見た場合、すべての雇用者(注2)のなかで1週間の労働時間が60時間を超える人が最も多いのが医師です(41.8%

そして実際の働き方を調べた調査からは、医師の1割強が、月に少なくとも1度は24時間を超える連続勤務を経験していると回答しています。わかりやすく言えば、「徹夜」をしているということです。連続36時間勤務を経験していると答えた人も3%ほどいました。


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-27 15:37 | Comments(0)

突然ですが、想像してみてください。

早朝、急にお腹が痛くなり、一歩も動けなくなりました。救急車で運ばれた先で盲腸(虫垂炎)と診断され、緊急手術をすることに。

ところが手術室に入ってきた医師からアルコールの香りがします。顔も赤いようです。どんな気持ちになるでしょうか?

「やめろ、訴えてやる!」と思ってしまいそうです。エアーコンプレッサー

実は、それと匹敵するような事態が日常的に起きていてもおかしくないというのが、いまの日本の医療の現状なようなのです。

医師は働き方改革の「例外」

いま、「働き方改革」が注目を集めています。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

この3月、政府がまとめた「働き方改革実行計画」では、時間外労働の上限を原則1か月45時間とし、労使が合意した場合は1か月平均60時間(特に忙しい月は100時間未満)とすることになっています。もし、この上限を超えた場合、罰則が課されることになります。

しかし医師は、この「働き方改革計画」において例外とされ、2年後(20193月)をめどに「規制の具体的な在り方や、労働時間の短縮策等について検討し、結論を得る」とされました。要は、先送りになったということです。


http://luccye.hamazo.tv/e7507700.html


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-27 15:31 | Comments(0)

獣医界にとって規制のもう一つのメリットは獣医科大学間の競争がほとんどないことだ。文科省の調査によれば、平成28年度の獣医科大学全体の志願倍率は15倍を超え、私立大学に限れば20倍に近い。黙っていても受験者が集まってくるのであれば、大学は教育改善の意欲が高まらないのは当然のことだ。その結果、欧米のレベルからはるかに劣る教育システムが長年にわたって温存されている。ホワイトニング機器



そしてそのような教育を受けた卒業生自身が、日本の教育システムの問題点についてほとんど知識がないため、大学に改善を要求することもない。もちろんそこには数少ない教員による教育の質の維持のための献身的な努力があるのだが、そんな無理が長続きしないことは、臨床系教員募集への応募が少ないことにも表れている。規制緩和による競争原理の導入が教育改善にも絶対に必要なのだ。歯科根管治療用



文科省にメールがあったとか、忖度があったとかの議論も必要なのかもしれないが、以上のような獣医界の大きな問題にも国民の目が向くことを願っている。



http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/44969


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-26 13:03 | Comments(0)