東北大学は、岡山大学自然生命科学研究支援センターの加藤百合特任助教、宮地孝明准教授と同大学大学院医歯薬学総合研究科、松本歯科大学、久留米大学、九州大学、東京農業大学、味の素との共同研究グループが、骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が分泌小胞内にATPを運ぶ輸送体(VNUT)を阻害することで、神経因性疼痛や炎症性疼痛、さらには慢性炎症を改善できることを突き止めたことを発表した。この成果は718日、「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」電子版に掲載された。ホワイトニング機器

慢性疼痛の罹患者は世界の人口の2025%であると言われているが、副作用の少ない効果的な鎮痛薬はこれまで開発されていない。骨粗鬆症治療薬のひとつであるビスホスホネート製剤は世界中で利用されているが、骨疾患の罹患者に対して複数の鎮痛効果があることが臨床報告されていた。歯科根管治療用

同製剤は第三世代まで開発されており、第一世代は骨粗鬆症治療効果が弱いため副作用も少ない。第二世代、三世代は骨粗鬆症治療効果が強く、副作用が問題になることがあった。東北大学のグループの先行研究結果においても、副作用の少ない第一世代のビスホスホネート製剤に鎮痛効果があることを示していたが、その作用メカニズムは長らく不明であった。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45850


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-15 16:26 | Comments(0)

研究グループは、ISCにおけるオートファジーの役割を検討。まず、ISCで常時オートファジー機構が活性化していることを複数の指標(LC3の発現、p62の低下等)で明らかにした。次に、腸上皮細胞のみでオートファジー関連遺伝Atg5を欠損するマウス(Atg5ΔIECマウス)を作製。解析の結果、Atg5ΔIECマウスのISC数はコントロールマウスと比較して著減しており、放射線照射後の腸上皮再生に障害があることが判明した。歯科レントゲン

また、腸上皮のうち、パネート細胞のみオートファジー機構が正常に機能するマウスでも、ISC数の低下や放射線照射による再生不全が観察されたという。このことから、ISC自身のオートファジー機構の破綻が、パネート細胞非依存性に、腸上皮再生不全をもたらしていることが示唆された。さらに、詳細なメカニズムを追求した結果、オートファジー機構の欠損による活性酸素種(ROS)の蓄積がISC数減少の一因と考えられたという。家庭用・歯科用超音波スケーラー

今回の研究成果は、ISCにおけるオートファジー機構の重要性を示すものであり、同機構を最適化することによって、腸管障害疾患の新たな治療法開発につながることが期待される、と研究グループは述べている。


https://latte.la/blog/98584953


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-15 16:21 | Comments(0)

①基本知識:▽認知症の現状及び病態やその特徴の理解、▽認知症診療ケアの概要とプロセスの理解

②かかりつけ歯科医の役割:▽かかりつけ歯科医の役割の理解、▽認知症の人(疑いを含む)の認知機能障害によって生じる症状の理解、▽症状に配慮した歯科医診療の実施、▽スタッフ教育及び歯科医院全体での患者家族の支援 ホワイトニング機器

③連携と制度:▽認知症の人を地域の連携体制で支える仕組みとかかりつけ歯科医の役割の理解、▽介護保険制度のサービスの本人家族への説明、▽成年後見制度、高齢者虐待防止法等の権利擁護に関する制度の概要説明

その他

 医療介護等の有機的な連携の推進に向けて、認知症ケアパス(認知症の容態に応じた適切なサービス提供の流れ)の確立や、医療介護関係者の「顔の見える関係」を構築し、情報共有を進めるとともに、地域ケア会議(地域包括ケアシステムの構築のために、高齢者個人に対する支援の充実と、それを支える社会基盤の整備とを同時に進め、実現していく手法)における認知症に関わる地域資源の共有発掘連携の推進、認知症地域支援推進委の配置等を進めていくことなどが盛り込まれている。歯科根管治療用

 また、認知症に関する正しい知識と理解を持って、地域や職域で認知症の人やその家族を手助けする「認知症サポーター」の養成を進める。具体的には、サポーターが地域でできる活動事例等の紹介や復習を兼ねた学習の取組など、活動につなげるための養成講座の推進を通じて、平成28年度末で累計880万人のサポーターを平成32年度末には1,200万人に拡大を図る。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45796


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-14 16:29 | Comments(0)

 研修の実施主体は都道府県及び指定都市であるが、事業運営の一部を適切な事業運営が確保できると認められる関係団体等に委託することができることとなっている。歯科レントゲン

 実施主体の長は、研修修了者の情報を各都道府県歯科医師会、その他関係団体と連携し、研修修了者の同意を得た上で、修了者リスト等を作成更新し、地域の認知症医療体制の推進及び管内の認知症の人及びその家族等の受診の利便性に資するため、各市町村や各市町村が設置する地域包括支援センターに配布するなどとしている。また、研修受講者の募集に当たっては、各都道府県歯科医師会、関係団体等の協力を得て行われている。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 本研修事業は、地域医療介護総合確保基金を活用して実施されているケースがほとんどである。ただ、新オレンジプランに基づいて実施されている「認知症総合戦略推進事業」のうち、「認知症総合戦略加速化推進事業」に該当する都道府県内の認知症医療と介護の連携の枠組み構築に資する取組については、研修会や会議費用として国から補助されるため、地域での認知症対策に効果的に活用されることが期待される。

 なお、日本歯科医師会としては、地域での認知症対策の進展に向けて、厚生労働省事業に積極的に協力しており、次年度以降の研修の在り方についても、▽研修受講の対象者を歯科衛生士、受付等のスタッフまで拡大する、▽研修プログラムにつき、アドバンストコース等を設けて幅を持たせる―などを要望している。


https://ameblo.jp/luccye/entry-12300638569.html


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-14 16:21 | Comments(0)

 国は80年ごろから、過剰時代の到来を認識しており、一転して削減策が検討された。厚生省(当時)の検討会の意見を受け、87年には「入学定員の20%削減目標」が掲げられた。98年には、さらに「10%削減」が求められることになった。しかし、私立大では、国の指導の力が及ばないことに加えて、大学経営という問題に直面することになるため、結果的に追加の10%削減は達成されず、統廃合が起こることもなかった。ホワイトニング機器

 入学定員で、歯科医師を抑制できないのであれば、“出口”で絞らざるを得なくなる。06年に、厚生労働省の検討会が、25年には歯科医師数が約11千人過剰になると推計。新たに養成する歯科医師の数を少なくとも毎年1割程度減らすため、国試の合格基準の引き上げなどの抑制策を提言した。文部科学省は各大学に定員削減を要請する一方、厚労省は国試による抑制策をとり、以後、合格基準は引き上げられ、合格率7割、6割という時代に突入したわけだ。歯科根管治療用

 特に私立大では、定員削減が進まないまま、多くの大学が入学志願者減少に見舞われ、定員割れも相次ぐようになった。志願者が減れば、入学者の水準も下げざるを得ず、基礎学力が不足した学生が増え、結果として留年が増えたり、国試合格率が下がったりという、負のスパイラルに陥りつつあるようだ。もちろん、国試合格率の低下には、難度上昇も影響している。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45779


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-11 15:11 | Comments(0)