アンケート調査でも約半数の人が乳歯ケアの悩み事として「子どもが歯磨きを嫌がる」と答えたが、勉強会ではその原因と対応方法をレクチャーした。歯科電解研磨機

「子どもが歯磨きを嫌がるのは、まずは痛いから。その原因は歯ブラシの動かし方が大きすぎることや固定ができていないことが挙げられます。子どもが"気持ちいい""心地いい"と感じるような仕上げ磨きを心掛けてください」(倉治先生) 歯面清掃用ハンドピース

子どもが歯磨きを不快に感じないための磨き方の秘訣の1つ目は、上唇小帯をガードすること。ここに歯ブラシが当たると痛がるため、この部分を人差し指で押さえてブラッシングをするとよいそうだ。

もう1つ目のコツは、歯ブラシを短く持ち、頬に小指を当てて固定した状態で、1ミリ程度の振り幅で小刻みに動かすことだ。


https://latte.la/blog/98714051


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-18 16:37 | Comments(0)

 前回お話しした「多剤耐性アシネトバクター(MDRA)」以外にも、厄介な耐性菌があります。今回は、その一つである「多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)」を紹介します。ホワイトニング機器

 これまで何度も登場してきたMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、ESBL産生菌、AmpC型βラクタマーゼ産生菌、そしてMDRAはすべて、抗菌薬に耐性を持たなければそれほど恐れる必要がない菌です。

 しかし、今日紹介する「緑膿菌」は、薬剤耐性でない普通の菌であっても、薬が効きにくいという特徴があります。このような、「もともと抗菌薬が効きにくい菌」のことを「自然耐性をもつ菌」と呼びます。歯科根管治療用

 自然耐性をもつ普通の緑膿菌というだけでも、我々からすれば舌打ちをしたくなるのに、「多剤耐性」という冠がついたMDRPは、効く薬がほぼないと言っていい耐性菌なのです。

 ただし、この緑膿菌もふだん健康な人にはまず害を与えず、病気などで弱っている人においてのみ発症する「日和見感染症」の原因菌となります。耐性菌はみんな日和見感染症でないと困ります。薬の効かない菌が健康な人にも次々と感染症を発症させていたら、人類滅亡の危機ですからね。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45898


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-17 16:37 | Comments(0)

 Q ほかにもあるの?

 A 保険診療を受ける時に、患者さんが追加して選ぶサービスが挙げられる。例えば入院時に個室を希望した場合の差額ベッド代などだよ。このほか、開発中として国が併用を認めている先進医療も保険外になるよ。歯科レントゲン

 Q 最新の医療が保険外になっているって、意外だわ。

 A 医療保険からお金を出す保険診療は、安全性や効果が広く認められていることが条件なんだ。最新の医療技術の中には、安全性などがはっきりしていないものも含まれている。だから、保険外になっているんだ。利用する場合は、きちんと説明を聞くことが大切だね。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 開発中の先進医療を保険診療とすべきかどうかや、保険診療の価格については原則、2年に1度、大きな見直しをしている。次は来年4月だから、医師や健康保険組合の代表らが、今、話し合っているところだよ。


https://ameblo.jp/luccye/entry-12302052554.html


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-17 16:11 | Comments(0)

口周りの筋肉の機能が低下し、口が開いてしまうケースもある。口唇を閉じる動作と関係があるのは「口輪筋」と呼ばれる筋肉。口輪筋は口唇の周りを輪状に囲っており、唇をすぼめるときなどに使う。口輪筋の働きが弱いと口唇が開き、自然と口呼吸になる。口呼吸をしている期間が長年にわたると、口輪筋が萎縮して唇が縮み、前歯が見えるようになってしまうとのこと。

そのような症状の人には、専門的な「MFT: Myofunctional therapy(口腔筋機能療法)」や手軽にできる「あいうべ体操」がお勧めだと今村医師は話す。

MFTは歯科全体に普及している機能訓練法です。口呼吸に対しては口輪筋や口唇、鼻呼吸、舌挙上などの各種トレーニングを行います。患者さんごとの機能的な問題へのアプローチとして、スタッフが歯科医師の指示のもとレッスンプログラムを作成して患者さんに指導。そして患者さんは自宅で訓練や習慣化を行うという行動変容療法です」ホワイトニング機器

「ガムをかんで鼻呼吸の癖をつける」「食事時に口を閉じて咀嚼(そしゃく)をする。その際、舌先をいつも上あごの前歯の後ろのスポットに置くようにする」「一日のうちで、意識的に口を閉じて鼻呼吸の練習をする時間を設ける」なども鼻呼吸への矯正に役立つ。

MFTを行うことでQOLの向上を目指せるとともに、患者自身が健康的な生活が一日でも長く続けられるよう、ライフスタイルを見直すきっかけにもなるという。

もう一方の「あいうべ体操」は、福岡県の内科医今井一彰氏が提唱する口呼吸改善に役立つ簡単な口の体操だ。口周りの筋肉を動かし鍛えることで、口呼吸の矯正を目指す。歯科根管治療用

まず「あー」と口を大きく開き、次に「いー」と口を大きく横に広げる。それから「うー」と口を強く前に突き出し、最後に「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす。

この工程を1セットとし、毎日30セットを目安に継続していくと口呼吸の改善が期待できる。こちらは特別な用具も必要なく、今日からすぐにできるメリットもある。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45878


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-16 17:51 | Comments(0)

鼻トラブル

鼻炎などで慢性的に鼻が詰まっていると、空気の通り道がブロックされるため、満足な鼻呼吸ができなくなる。そうなれば当然、足りない分の呼吸は口で行うことになる。鼻水や鼻づまりが考えられる疾患としては慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があり、後者の場合は特異的IgE抗体検査やパッチテストを用いてアレルギーを特定する。これらの疾病は耳鼻科での治療が必要となる。根管治療機器

口唇閉鎖不全

歯並びが悪かったり前歯が出っぱっていたりすると、うまく口が閉じない(口唇閉鎖不全)。意識すれば口を閉じることはできるかもしれないが、楽な自然体の状態では口が開いてしまう。そのため、無意識のうちに口で呼吸をするようになる。このような場合は、歯並びを改善するために矯正治療やマウスピースなどの補助器具を用いる場合もある。歯科技工用技工機器

「マウスピースの装用時間や使用方法に関しては、歯科医師の指示に従っていただく必要があります。ご自身の判断で誤った使用をされてしまうと、歯列やかみ合わせが変化してしまう恐れがあるためです。歯科医師は顔貌(がんぼう)や骨格性の特徴に応じ指示を出してくれるので、生活の中でどのように使用すればベストなのかをサポートしてくれると思います」


http://luccye1.jimab.net/e1273333.html


[PR]
# by uraeloene | 2017-08-16 17:43 | Comments(0)