<   2017年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

むし歯や口臭の原因

 口腔(こうくう)乾燥症(ドライマウス)とは、唾液の分泌が低下して口が乾いた状態、もしくは唾液分泌の低下だけではなく、口が乾いていると自覚する症状のすべてを指します。ホワイトニング機器

 軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、むし歯、歯垢(しこう)の増加、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量の低下による口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては不眠をきたすこともあります。

 平均的な唾液の分泌量は、1日当たり約1~1.5リットルで、口の中の唾液腺から湧き出し、口の中の食べかすを消化器官へと洗い流します。また、唾液には抗菌作用があり、口の雑菌の繁殖を防いでいます。歯科根管治療用

 そのため唾液が不足して口が乾くと、むし歯や歯周病にかかりやすくなり、口臭の原因にもなってしまうのです。

 さらに加齢に伴い、唾液の分泌量が低下することで、口が乾燥することがあります。ストレスによっても唾液が出にくくなることがありますが、その場合はストレスがなくなれば症状も回復します。急激に唾液が出なくなり、痛みがある場合は唾液腺などの疾患が考えられます。

 口の乾燥がひどくて、我慢できない場合には、専門医にご相談ください。年齢が高齢化するにつれて、唾液の分泌量が低下することにより、口の乾燥がひどくなることもあります。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/46022


[PR]
by uraeloene | 2017-08-23 17:22 | Comments(0)

 生まれながら、もしくはむし歯や歯周病、けがなどが原因で歯がないところにチタン製の人工歯根を植え、歯冠やブリッジ、義歯などの人工歯をインプラントに固定するのが歯科インプラント治療です。この数年で広く普及してきた欠損補綴(ほてつ)治療のひとつです。エアーコンプレッサー

 歯科インプラントの利点は審美性の回復、人工歯に対し安定した基礎となることや、隣の歯を削る必要がないこと、そして義歯をしっかりと支えることなどがあります。

 欠点としては、骨に直接人工歯根を植えるため、天然歯に比べて細菌感染に弱いことや、外科手術により合併症が発生する可能性があること、保険がきかないため高額な治療費がかかることなどが挙げられます。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 歯科インプラントに限ったことではありませんが、健康な歯や治療済みの歯、歯周組織を良い状態に長く維持するためには、ご自身での適切なケアや、歯科医院でのケアにより口腔(こうくう)内を清潔に保つことが大切です。

 患者さん個々の状態によりさまざまな治療法がありますが、従来のブリッジ(歯のない部分の両側などの歯を削り、かぶせ物でつなげるもの)や義歯も歯科治療としてすでに確立されており、インプラント治療が必ずしも最良の方法ではありません。

 多様な治療に関しては、歯科医師らの説明と本人の納得のいく同意が大切です。


http://luccye.junglekouen.com/e908394.html


[PR]
by uraeloene | 2017-08-23 17:16 | Comments(0)

「なーんだ、私は関係ないし」と思った方が8割だと思います。しかし、そう思った方の中の8割が歯周病です。「私は歯周病ではない」と思っている方も、実はほとんどが歯周病です。「そんないいがかりをつけてくれるな!」と思われるかもしれませんが、いいがかりではなくて、びっくりするくらい事実です。厚生労働省が歯科疾患実態調査を行っていてデータをウェブサイトで公表しています。ホワイトニング機器 最新のものが平成23年と古いのですが、30代の8割、そして40代では9割近くがなんらかの形で歯周病があるという結果だったのです。上記のデータに基づいて見やすいグラフもライオンのウェブサイトにありました。

かくいう僕も、歯周病ではないと思っていましたが、10年ほど前にシアトルで歯科にかかった時に「歯茎が少し腫れている」と言われました。僕は歯磨きは怠らないし、普段食事をしても歯磨きをしても歯茎から出血することもなかったので、全く自覚がありませんでした。しかし、歯槽膿漏とまではいかなくとも、明らかに炎症があり、れっきとした歯周病だったのです。気付かぬうちにそうなっていたことに僕はびっくりしました。そう、歯周病は自分では気づきにくく、歯科医に診てもらって初めてわかることが多いのです。歯科根管治療用 しかも、日本人は歯周病があまりに多いので、歯科医が特に何も言わないこともあります。デンタルケアに関してはアメリカの方が日本よりも明らかに積極的で、日本では指摘されなかったことをアメリカに来て歯科医に色々されたものです。とにもかくにも、自分が歯周病だったと知って以来、デンタルケアに関してはかなり神経を使うようになり、ここ10年ほどは一切歯周病もなく過ごしています。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45941


[PR]
by uraeloene | 2017-08-22 16:57 | Comments(0)

「忙しいし虫歯もないからいいか」と、歯のクリーニングを後回しにしていませんか?メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者でNY在住の医学博士しんコロさんは、「日本人は歯周病の人が多いために歯周病に気付いても歯科医が何も言わないこともある」と前置きした上で、「歯周病患者はそうでない人に比べ、がんになるリスクが高い」という驚きの研究結果を紹介しています。歯科レントゲン

りんごがかじれないだと?

かなり前の話で記憶があやふやなのですが、シアトルのあるワシントン州はりんごが採れる産地なので、丸ごとのりんごをかじるような写真かツイートをツイッターに載せたことがあります。その時に返ってきたみなさんの反応がとても興味深いものでした。家庭用・歯科用超音波スケーラー

「おいしそうなりんご!」「皮を剥かないでそのまま?」「日本のより小ぶりですね!」「どんな味がしますか?」という反応が返ってくるだろうと思っていました。そこから、日本とワシントンのりんごの話題でもしようかと思っていました。ところが、返ってきた反応は予想に反して「かじるなんて無理」「血が出ます」「歯茎が痛いです」というものが多数ありました。僕は、「どんだけ歯周病やねん!」とつっこみたくなりましたが、もう皆さんの歯茎の健康が気になってりんごの話題どころではなくなりました。


https://ameblo.jp/luccye/entry-12302602052.html


[PR]
by uraeloene | 2017-08-22 16:48 | Comments(0)

また、子どもの虫歯予防には歯磨き剤の働きも重要とのこと。中でも"フッ素"は歯を強くする働きがあるため、「乳幼児の歯磨きにもフッ素入りの歯磨き剤を併用してほしい」と倉治先生。なお、生後6ヶ月から2歳ころまでは、「切った爪くらいの少量」を歯ブラシにつければ十分だそうだ。歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器

●歯磨き後のごほうびにも「キシリトール」を活用

歯ブラシや歯磨き剤以外にもチェックしたいアイテムが"キシリトール"だ。キシリトールは天然素材の甘味料の1つで、口腔内で酸を作らない特徴がある。スリーウェイシリンジ

「自然素材から生成されていて子どもにも安心なキシリトールが含まれる歯磨き剤やタブレットは、家庭における口腔ケアに積極的に取り入れてほしいですね」(倉治先生)


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45921


[PR]
by uraeloene | 2017-08-18 16:42 | Comments(0)

アンケート調査でも約半数の人が乳歯ケアの悩み事として「子どもが歯磨きを嫌がる」と答えたが、勉強会ではその原因と対応方法をレクチャーした。歯科電解研磨機

「子どもが歯磨きを嫌がるのは、まずは痛いから。その原因は歯ブラシの動かし方が大きすぎることや固定ができていないことが挙げられます。子どもが"気持ちいい""心地いい"と感じるような仕上げ磨きを心掛けてください」(倉治先生) 歯面清掃用ハンドピース

子どもが歯磨きを不快に感じないための磨き方の秘訣の1つ目は、上唇小帯をガードすること。ここに歯ブラシが当たると痛がるため、この部分を人差し指で押さえてブラッシングをするとよいそうだ。

もう1つ目のコツは、歯ブラシを短く持ち、頬に小指を当てて固定した状態で、1ミリ程度の振り幅で小刻みに動かすことだ。


https://latte.la/blog/98714051


[PR]
by uraeloene | 2017-08-18 16:37 | Comments(0)

 前回お話しした「多剤耐性アシネトバクター(MDRA)」以外にも、厄介な耐性菌があります。今回は、その一つである「多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)」を紹介します。ホワイトニング機器

 これまで何度も登場してきたMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、ESBL産生菌、AmpC型βラクタマーゼ産生菌、そしてMDRAはすべて、抗菌薬に耐性を持たなければそれほど恐れる必要がない菌です。

 しかし、今日紹介する「緑膿菌」は、薬剤耐性でない普通の菌であっても、薬が効きにくいという特徴があります。このような、「もともと抗菌薬が効きにくい菌」のことを「自然耐性をもつ菌」と呼びます。歯科根管治療用

 自然耐性をもつ普通の緑膿菌というだけでも、我々からすれば舌打ちをしたくなるのに、「多剤耐性」という冠がついたMDRPは、効く薬がほぼないと言っていい耐性菌なのです。

 ただし、この緑膿菌もふだん健康な人にはまず害を与えず、病気などで弱っている人においてのみ発症する「日和見感染症」の原因菌となります。耐性菌はみんな日和見感染症でないと困ります。薬の効かない菌が健康な人にも次々と感染症を発症させていたら、人類滅亡の危機ですからね。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45898


[PR]
by uraeloene | 2017-08-17 16:37 | Comments(0)

 Q ほかにもあるの?

 A 保険診療を受ける時に、患者さんが追加して選ぶサービスが挙げられる。例えば入院時に個室を希望した場合の差額ベッド代などだよ。このほか、開発中として国が併用を認めている先進医療も保険外になるよ。歯科レントゲン

 Q 最新の医療が保険外になっているって、意外だわ。

 A 医療保険からお金を出す保険診療は、安全性や効果が広く認められていることが条件なんだ。最新の医療技術の中には、安全性などがはっきりしていないものも含まれている。だから、保険外になっているんだ。利用する場合は、きちんと説明を聞くことが大切だね。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 開発中の先進医療を保険診療とすべきかどうかや、保険診療の価格については原則、2年に1度、大きな見直しをしている。次は来年4月だから、医師や健康保険組合の代表らが、今、話し合っているところだよ。


https://ameblo.jp/luccye/entry-12302052554.html


[PR]
by uraeloene | 2017-08-17 16:11 | Comments(0)

口周りの筋肉の機能が低下し、口が開いてしまうケースもある。口唇を閉じる動作と関係があるのは「口輪筋」と呼ばれる筋肉。口輪筋は口唇の周りを輪状に囲っており、唇をすぼめるときなどに使う。口輪筋の働きが弱いと口唇が開き、自然と口呼吸になる。口呼吸をしている期間が長年にわたると、口輪筋が萎縮して唇が縮み、前歯が見えるようになってしまうとのこと。

そのような症状の人には、専門的な「MFT: Myofunctional therapy(口腔筋機能療法)」や手軽にできる「あいうべ体操」がお勧めだと今村医師は話す。

MFTは歯科全体に普及している機能訓練法です。口呼吸に対しては口輪筋や口唇、鼻呼吸、舌挙上などの各種トレーニングを行います。患者さんごとの機能的な問題へのアプローチとして、スタッフが歯科医師の指示のもとレッスンプログラムを作成して患者さんに指導。そして患者さんは自宅で訓練や習慣化を行うという行動変容療法です」ホワイトニング機器

「ガムをかんで鼻呼吸の癖をつける」「食事時に口を閉じて咀嚼(そしゃく)をする。その際、舌先をいつも上あごの前歯の後ろのスポットに置くようにする」「一日のうちで、意識的に口を閉じて鼻呼吸の練習をする時間を設ける」なども鼻呼吸への矯正に役立つ。

MFTを行うことでQOLの向上を目指せるとともに、患者自身が健康的な生活が一日でも長く続けられるよう、ライフスタイルを見直すきっかけにもなるという。

もう一方の「あいうべ体操」は、福岡県の内科医今井一彰氏が提唱する口呼吸改善に役立つ簡単な口の体操だ。口周りの筋肉を動かし鍛えることで、口呼吸の矯正を目指す。歯科根管治療用

まず「あー」と口を大きく開き、次に「いー」と口を大きく横に広げる。それから「うー」と口を強く前に突き出し、最後に「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす。

この工程を1セットとし、毎日30セットを目安に継続していくと口呼吸の改善が期待できる。こちらは特別な用具も必要なく、今日からすぐにできるメリットもある。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45878


[PR]
by uraeloene | 2017-08-16 17:51 | Comments(0)

鼻トラブル

鼻炎などで慢性的に鼻が詰まっていると、空気の通り道がブロックされるため、満足な鼻呼吸ができなくなる。そうなれば当然、足りない分の呼吸は口で行うことになる。鼻水や鼻づまりが考えられる疾患としては慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎があり、後者の場合は特異的IgE抗体検査やパッチテストを用いてアレルギーを特定する。これらの疾病は耳鼻科での治療が必要となる。根管治療機器

口唇閉鎖不全

歯並びが悪かったり前歯が出っぱっていたりすると、うまく口が閉じない(口唇閉鎖不全)。意識すれば口を閉じることはできるかもしれないが、楽な自然体の状態では口が開いてしまう。そのため、無意識のうちに口で呼吸をするようになる。このような場合は、歯並びを改善するために矯正治療やマウスピースなどの補助器具を用いる場合もある。歯科技工用技工機器

「マウスピースの装用時間や使用方法に関しては、歯科医師の指示に従っていただく必要があります。ご自身の判断で誤った使用をされてしまうと、歯列やかみ合わせが変化してしまう恐れがあるためです。歯科医師は顔貌(がんぼう)や骨格性の特徴に応じ指示を出してくれるので、生活の中でどのように使用すればベストなのかをサポートしてくれると思います」


http://luccye1.jimab.net/e1273333.html


[PR]
by uraeloene | 2017-08-16 17:43 | Comments(0)