<   2017年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

歯科医院といえば、むし歯の治療や入れ歯を作ってもらうところだと、大概の人は思っているだろう。 歯科レントゲン

 ところが近年、歯周病とさまざまな内科的な病気との関連が注目され研究が進んでおり、歯科医院が生活習慣病などの予防医療に大きな役目を担えるのではないかと期待されているのである。なかでも「糖尿病」との関連は強く、「歯周病治療により高血糖が改善する」という報告が数多くあげられている。

 歯周病は慢性の感染症で、その細菌が血液中に入り込めば、特に心臓や脳、子宮などでの炎症を引き起こすかもしれないし、唾液に混じって気道に流れ込めば、肺炎を引き起す可能性もある。 家庭用・歯科用超音波スケーラー

 そうした全身のさまざまな病気を予防するという意味で、歯周病の治療や予防が果たす役割は実は大きいのである。



[PR]
by uraeloene | 2017-06-29 12:26 | Comments(0)

取材では妻の千津子さん(54)が、白川さんが倒れてからのことを振り返ってくれました。

 「夫は手足も動かないし、しゃべれないし、表情も変わらなくなっちゃった。でも、口から食べられるなんて、すごいですよね」と、食べられることに希望を見いだしていました。 スリーウェイシリンジ

 白川さんは普段、見た目はサケの切り身に見えるものの、口に入れるとペースト状になる市販の嚥下(えん・げ)食を食べています。特に好きなのは里芋の煮物だそうです。中には苦手な物もあるようで、「『これはいらない、食べない』って言うように、食べたくない時は、絶対に口を開けてくれないんです」と千津子さんは教えてくれました。同居する長女(29)が食事の介助をすると、あまり食が進まないのに、千津子さんが交代して介助すると、秀薫さんは完食することもあるそうです。

 会話はないかもしれませんが、白川さん夫妻は「食べる」ことを通じて、コミュニケーションをとっているのだと感じました。

 2015年5月、自宅で夫を介護すると決めた時、千津子さんは「介護のために、続けてきた仕事を辞めない」と決めたそうです。

 仕事は接客販売業のため、土日が最も忙しく、ほとんど休めません。訪問介護を依頼する際に、最も難しかったのが、土日に来てくれるヘルパーを探すことだったそうです。

 「仕事を続けながら介護する」という千津子さんの決意を、訪問看護や介護に関わる人たちが後押ししてくれました。

 週に2回自宅に来る、うさぎ訪問看護ステーションの鈴木典子所長(53)は「白川さん自身もまだ若く、家族の介護は長く続きます。千津子さんが働きながら介護する生活は、白川さん家族にとって『日常』にできるような支援をしたかった」といいます。 超音波スケーラー

 最近、介護離職という言葉もよく聞きます。千津子さんが取材を受けた理由の一つに、「家族が重度障害になっても、仕事を続けている家もあることを知って欲しかった」といいます。

 介護が必要になれば、家族の生活は一変します。それでも仕事を辞めることなく介護できる支援が、ますます求められていくと思います。



[PR]
by uraeloene | 2017-06-29 12:24 | Comments(0)

お口のケアへの関心が高まっている中で、刺激的なタイトルをつけたものだが、そのかいもあってか前作の「歯はみがいてはいけない」は昨年の出版以来、増刷を重ねる反響を呼んでいる。著者の森昭さんは京都府舞鶴市の歯科クリニックの院長。「歯磨きは、歯ブラシに歯磨き剤をつけてゴシゴシやるのが一般的ですよね。それが歯磨きだと考えるのは間違いです」という思いが、タイトルにこもっている。今作は前作で紹介した考え方のハウツーをまとめたものだ。歯科用インプラント装置

 歯磨きは何のためにするのか。「食べカスを取るため」と答えたら、それは「×」。森さんによると、口の中の細菌の塊であるプラーク(歯垢しこう)を除去するためというのが正解だ。もちろん、細菌の栄養になる食べカスを取ることにも意味はあるが、最も大切な目的が細菌の除去なら、歯磨きよりも大切なことがある。それはフロスと歯間ブラシで歯と歯の間や歯周ポケットを掃除すること。歯科手術用照明LEDライト 歯ブラシで歯をゴシゴシやるだけでは、この部分の3割程度しかきれいにならないと言われている。「予防歯科について勉強すれば、お口のケアの目的は細菌を減らすことなのは明らかです。なぜ、日本では歯磨きばかりが強調されてしまったのか。先進国を見ると、日本の口腔こうくうケアはガラパゴスですよ」と嘆く。


[PR]
by uraeloene | 2017-06-28 16:17 | Comments(0)

どこからどう見ても、水牛。そんな可愛くもあり、面白くもあるモノが歯医者で発見され、海外のネット上で注目を集めている。

海外掲示板サイトRedditに、ユーザー「I_Love_McRibs」さんは「歯医者にいた幸せそうな水牛」というタイトルのもと、1枚の画像を投稿した。歯医者に水牛? いやいや、歯医者に水牛なんかいるはず……こっ、これは!?

・誰もが納得の “水牛”
水牛じゃないか! いや、水牛の顔をした何かだ。恐らく歯医者の治療のときによく使われるライトだろう。ボトル付きスケーラー

それにしても、これは……どこからどう見ても、水牛やないかいッ! よく見ると、こちらに向かって優しく微笑みかけてるやないかいッ!

・ネット上で大ウケ
多くのネットユーザーもそう感じたらしく、この画像には以下のようなコメントが寄せられていた。

「これはもう水牛以外のなにものでもない」
「幸せな気持ちになった」 歯科用ルートエレベーター
「行きつけの歯医者に水牛モデルがあるかをチェックするために、予約しなくちゃ」
「こんなの、偶然にできるはずがない」
「絶対に、絶対に、絶対に意図的に作ったはず」
「この水牛、ヘッドホンを装着してるように見えるね」

驚きと笑いを誘ってしまうほど水牛そっくりのライト。これを作った人は本当に水牛を意識して作ったのだろうか? もし偶然にこうなったのだとしたら、なんとも愉快な奇跡である。


[PR]
by uraeloene | 2017-06-28 16:14 | Comments(0)

その大きな理由が、医師に課された応召義務(おうしょうぎむ)です。

医師法19条は「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない」と定めています。要は、患者さんが治療を求めてきた場合に、正当な理由がないのに断ってはいけないよ、ということです。(なお「正当な事由」とは医師自身が病気であったり、医薬料が不払いだったりした場合などが想定されています(注1))

仮に、緊急の治療を求める患者さんが病院に来たのに「働き方改革で医師がいないので対応できません」という事態が起きたとすると、この定めと違ってしまいます。何より、私たち治療を受ける側にとって非常に困ることになります。ホワイトニング機器

ですので、お医者さんの働き方は「別枠」で考えなければならない、という論にも一定の根拠があるように思えます。でも、それで話を終えてよいのでしょうか?

様々な意見があると思いますが、個人的には、そう思えません。医師の働き方問題は、医師だけの問題ではなく、私たち治療を受ける側の「安全」にかかわる問題だからです。歯科根管治療用

医師の「激務」はイメージ通り

総務省の調査によれば、職業別に見た場合、すべての雇用者(注2)のなかで1週間の労働時間が60時間を超える人が最も多いのが医師です(41.8%

そして実際の働き方を調べた調査からは、医師の1割強が、月に少なくとも1度は24時間を超える連続勤務を経験していると回答しています。わかりやすく言えば、「徹夜」をしているということです。連続36時間勤務を経験していると答えた人も3%ほどいました。


[PR]
by uraeloene | 2017-06-27 15:37 | Comments(0)

突然ですが、想像してみてください。

早朝、急にお腹が痛くなり、一歩も動けなくなりました。救急車で運ばれた先で盲腸(虫垂炎)と診断され、緊急手術をすることに。

ところが手術室に入ってきた医師からアルコールの香りがします。顔も赤いようです。どんな気持ちになるでしょうか?

「やめろ、訴えてやる!」と思ってしまいそうです。エアーコンプレッサー

実は、それと匹敵するような事態が日常的に起きていてもおかしくないというのが、いまの日本の医療の現状なようなのです。

医師は働き方改革の「例外」

いま、「働き方改革」が注目を集めています。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

この3月、政府がまとめた「働き方改革実行計画」では、時間外労働の上限を原則1か月45時間とし、労使が合意した場合は1か月平均60時間(特に忙しい月は100時間未満)とすることになっています。もし、この上限を超えた場合、罰則が課されることになります。

しかし医師は、この「働き方改革計画」において例外とされ、2年後(20193月)をめどに「規制の具体的な在り方や、労働時間の短縮策等について検討し、結論を得る」とされました。要は、先送りになったということです。


http://luccye.hamazo.tv/e7507700.html


[PR]
by uraeloene | 2017-06-27 15:31 | Comments(0)

獣医界にとって規制のもう一つのメリットは獣医科大学間の競争がほとんどないことだ。文科省の調査によれば、平成28年度の獣医科大学全体の志願倍率は15倍を超え、私立大学に限れば20倍に近い。黙っていても受験者が集まってくるのであれば、大学は教育改善の意欲が高まらないのは当然のことだ。その結果、欧米のレベルからはるかに劣る教育システムが長年にわたって温存されている。ホワイトニング機器



そしてそのような教育を受けた卒業生自身が、日本の教育システムの問題点についてほとんど知識がないため、大学に改善を要求することもない。もちろんそこには数少ない教員による教育の質の維持のための献身的な努力があるのだが、そんな無理が長続きしないことは、臨床系教員募集への応募が少ないことにも表れている。規制緩和による競争原理の導入が教育改善にも絶対に必要なのだ。歯科根管治療用



文科省にメールがあったとか、忖度があったとかの議論も必要なのかもしれないが、以上のような獣医界の大きな問題にも国民の目が向くことを願っている。



http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/44969


[PR]
by uraeloene | 2017-06-26 13:03 | Comments(0)

最後に、今回の獣医学部設置は例外的に1校に限り認可されたものであり、「岩盤規制」が解除されて獣医学部の設置や入学定員の増加が自由化したわけではない。しかし既設大学が入学定員を順守することで減少する獣医師の数を現在の数まで戻すためには、入学定員をさらに増加する必要がある。エアーコンプレッサー

「岩盤規制」により獣医師の数を抑制することは小動物臨床獣医師のビジネスを守るために必要であることは間違いない。しかし規制は国民にとってメリットがあるのだろうか。規制賛成派の論理は、獣医師教育には多額の国税を投入するので、獣医師免許が不要な職域に人材供給をすることは税金の無駄遣いと断罪する。一見もっともらしいこの論理が正しければ、獣医師だけでなく医師、歯科医師、薬剤師などの国家資格教育も同じことになり、それぞれの免許が必要な職域にしか就職できないことになる。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

しかし、筆者自身は獣医師免許が必要ではないライフサイエンスや公衆衛生の職域で働いてきた。筆者の教え子の中には金融、広告など獣医師免許が不要な職種で活躍している人材もいる。そして重要なことは獣医学教育という背景がその活躍を支えていることだ。それは税金の無駄遣いどころか獣医師の職域を広げ、その社会的地位の向上にもつながるだけでなく、税金を投入して教育を行うだけの価値があるものと筆者は考えている。


http://1137.jp/post/entry/10688


[PR]
by uraeloene | 2017-06-26 12:47 | Comments(0)

 高齢者が病気やけがの治療で入院中に必要な栄養管理がなされていないことは、都会の特徴というわけではなく、日本中で起こっているようだ。徳島県を中心に全国9都府県で26か所のリハビリや療養型の病院などを経営する平成医療福祉グループの武久洋三代表(リハビリ医)は、治療を終えてグループの病院に転院してきた患者約3万8000人の転院時の検査データをまとめてみて驚いた。栄養状態の指標である血液中のたんぱく質アルブミンの値は6割が低栄養を示していた。歯科レントゲン

 「臓器別の専門医は病気や骨折など自分が担当する治療はしっかり行っているのだと思いますが、患者の全身状態まで気が回っていないのでしょう」と言う。患者が一般の成人なら入院治療中に体力を落としても、潜在的に予備的な体力があるので、退院して日常生活に復帰すれば回復することができる。しかし、“予備力”が乏しい高齢者は入院中の低栄養で体力や筋力を低下させてしまうと、施設や自宅に戻った後、きちんとしたサポートがないとなかなか回復できない。この病院グループでは、「口から食べる」ことを重点目標に掲げて、飲み込みの機能を高め、口から食べられるようにする嚥下えんげ リハビリなどに積極的に取り組んでいるという。武久代表は「治療のための入院が、寝たきりのきっかけになってしまうこともあります。高齢者が自立した生活を回復していくには、栄養の確保は何よりも重要です」と警鐘を鳴らしている。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 では、低栄養で入れ歯がゆるんでしまうような高齢者が自宅に戻ってきた時に、一体、だれが食べる力を回復するサポートをしてくれるのだろう。


http://luccye1.ti-da.net/e9652642.html


[PR]
by uraeloene | 2017-06-23 15:52 | Comments(0)

 五島さんは毎日のように、こうした患者宅を訪問している。太ももの付け根の大腿骨だいたいこつ頸部けいぶ骨折の治療を受けて退院した高齢の患者は、体重がもともと32キロしかなかったのに、4キロも痩せてしまった。「病院では患者さんの栄養状態を診ていないのでしょうか」。そう思わざるを得ないほど、入院中に痩せてしまった患者に次から次へと出会う。低栄養だと免疫力が低下し、口の中の細菌が気管に入って増殖し、誤嚥性ごえんせい肺炎にかかりやすくなる。入院中にチューブで栄養を取っていると、飲み込む力が低下し、退院しても十分に食べられないので、体力をなかなか回復できない。誤嚥性肺炎では、入院中に口からの食事を禁止されることもあり、入退院を繰り返すうちに全身状態が低下して、寝たきりになってしまう多くの患者を見てきた。街の歯科医の目には、寝たきりは病院でつくられるように見える。スリーウェイシリンジ

 新宿区には、大学病院を始め、日本を代表するような病院がいくつもある。そんな病院も含めて、治療のために入院して、体を弱らせて戻ってくるのである。その結果、入れ歯が合わなくなり、「ふれあい歯科ごとう」の電話が鳴る。超音波スケーラー


https://dentalfr.wordpress.com/2017/06/22/日本の「歯」への意識、世界から遅れ/


[PR]
by uraeloene | 2017-06-23 15:48 | Comments(0)