<   2017年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

適切な歯科治療を受けるために知っておいたほうがいいことは?歯科医の相馬理人氏に聞いた。

①専門医を選ぶ

 相馬氏は「◯◯だから良い・悪い」といった即時評価は困難であることを大前提とした上で、「歯科も専門性はいろいろアマルガムミキサー。重症例や難易度の高い処置や治療が必要な時は、可能であればそれらに注力している歯科医を受診すべき」と話す。

 相馬氏によれば、一般的に難しい抜歯やインプラント手術は、かかりつけ医から専門医への紹介となりやすい。歯列矯正も「歯列矯正専門」と掲げている医療機関が多く、自然と専門医に当たりやすい。

 一方、虫歯が進行し歯の神経に達した場合の「根管治療」や「歯周病」は違う歯科用ルートエレベーター。専門医ではないかかりつけ医が治療するケースが珍しくない。

「根管治療は、治療の仕方などで結果が大きく変わります。不十分な処置のために再発を繰り返す患者さんは少なくない。もし専門医であれば、歯周組織再生療法など、歯を守る高度な治療を提示できるかもしれません」
歯科抜歯用ルートエレベーター(プラスチックハンドルハンドル)(1本入)
②疾患によっては自費診療がベター

「自費診療」と告げられ、歯科医の金儲けの手段にされているんじゃないかと思ったことはないだろうか。しかし、これは早計だ。自費診療で高額になるのには理由がある。

 前出の根管治療を例に挙げるとわかりやすい。根管治療はいくつかの段階を経て行われるが、最も大事なのが「細菌を根管(歯の神経が入っている管)から徹底的に取り除く」こと。根管治療では最後に虫歯で欠けた部分にかぶせ物をするが、細菌除去がなおざりだとやがて細菌が増殖し、再治療が必要になる。

再治療になると、治療成績は初回より下がる。再治療を繰り返せば歯を失うリスクが高くなる。その先はインプラントや入れ歯になるが、歯の骨のダメージがひどく、インプラントも入れ歯もうまくいかないことも。

 日本では根管治療の成功率は5割、欧米では9割といわれており、その差は大きい。理由は細菌除去の不十分さにある。

「徹底してやるなら、細菌の多い唾液の侵入を防ぐ処置や、複雑な形状の根管を拡大する高額な顕微鏡などが不可欠。治療時間が長くなり、コストもかかるため、自費診療でやらざるを得ない」

 言い換えれば、保険診療内でやるにはコストを抑えるしかなく、唾液侵入防止の処置や高額な機器への設備投資などは難しい。結果、自費診療の欧米に比べ、成功率が低くなってしまうのだ。

「『自費診療だから良い』とは一概に言えませんが、歯科では保険診療内でやろうと思えば、それなりの治療しか受けられないのです」

③“不快のない治療”を疑え 

「歯科治療=痛い・怖い」のイメージが強いからか、いい歯科医の判断基準のひとつに「痛くない・歯を抜かない」を挙げる人は珍しくない。ところが、それにこだわりすぎると適切な処置から遠ざかる。そもそも医療である以上、時として適切な処置に不快が伴うケースも少なくないのだ。

「歯石やプラークの除去では、時に出血したり痛みが出ることもあります。症状が悪ければ抜歯もやむを得ない。ところが、患者さんが嫌がるからと、医療者側が『痛みが出ない処置』『抜歯は極力避ける』を過度に意識している場合もある。そういう方針のところでは、虫歯や歯周病の予防にはつながりません」

 歯の健康は全身の健康と相互関係にあることは数々の研究で証明されている。「今」だけでなく「将来」も見据えた歯科治療を選ぶべきだ。
関連記事:C20抜歯「破折」2割 上伊那歯科医師会調査
[PR]
by uraeloene | 2017-05-27 12:10 | Comments(0)

上伊那歯科医師会(矢島八郎会長)が上伊那地方の患者804人を対象に初めて行った抜歯処置の原因調査で、歯が割れたり折れるなどの「破折」の割合が、11年前の全国調査に比べ約2倍に増えたことが分かった。虫歯を抜かずに済む治療技術が進んだ一方で、症状の発見が遅れたり、無意識のかみ締めによる負荷で歯が寿命となり破折する事例が多いという。「早期発見のほか、残した歯を破折から守る予防法の確立も課題。データが啓発のきっかけになれば」としている。

同会学術広報部会が、近年の破折患者の増加を懸念する現場の声を踏まえ、独自調査を発案歯科用切削研磨セット。松本歯科大学(塩尻市)の協力を受け、上伊那8市町村の81歯科診療所が連携して6月下旬から6週間、15歳以上の患者804人の永久歯計1010本の抜歯データを集め、原因分析した。10月末の日本歯科保存学会学術大会(松本市)で発表した。
Toboom®HP貴金属材研磨用ポイントセット-HP0409D
調査結果によると、破折は全体の20%を占め、8020推進財団の05年実施全国調査の11%を大きく上回った。8市町村とも同程度の数値を記録。ほかの割合は、歯周病が同比16ポイント減の26%で「歯みがき習慣の定着を感じさせる特徴的な数値」となった。

破折の予防について、同部会は「虫歯に起因する破折が大半のため、こまめな検診で早期に発見、処置するのが最善策」と説明。患者の世代は中高年に偏っており、学校で受けていた定期検診の機会が減ることも影響しているのでは―と指摘する。

歯を短寿命化させて破折を引き起こす、無意識のかみ締めに関しては「食事でかむ力が17、18キロ程度とされるのに対し、睡眠時の歯ぎしりを含めたかみ締めの力は約60キロ。虫歯や高齢化で衰えた歯には大変な負荷」と警鐘を鳴らす。睡眠時のマウスピースや入れ歯着用で保護するよう助言しており「家族らの指摘でかみ締めのくせを自覚するのも、予防の第一歩」とする。

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2124-b0-ボトル付きスケーラー.html

同部会は来年1月ごろにも8市町村で継続調査を実施する予定で、冬場の寒冷気候と破折との因果関係についても分析を深めたい考え。「地域単位の歯科医師会による大規模調査は珍しい。生涯使う歯を守るために、地域へ成果を還元したい」としている。
関連記事

子どもが歯磨きを嫌がります。無理やりにでも磨かないとダメですか?


[PR]
by uraeloene | 2017-05-26 14:51 | Comments(0)

テレビ番組で時々歯科関連の話題が取り上げられますが、
中でもNHKのクローズアップ現代「歯科インプラント トラブル急増の理由」
には衝撃を受けました。
歯科医療に携わる者だけでなく、スリーウェイシリンジ用 ノズル患者さんにとってもショッキングな
内容だったのではないかと思います。

インプラントの手術で神経を傷つけたり、インプラント体が
骨を突き抜けてしまい、痛みや麻痺が残る等のトラブルが急増しており、
技術が不十分な歯科医師による治療や、自由治療なので高い収益を
得られることなどが紹介され、その実態に迫るという内容でした。

Woodpecker®UDSシリーズ根管治療用チップE3(EMSと交換、5本入)

インプラント外科手術が必要なため、歯科医師には技術や経験が
求められますし、治療期間も費用もかかります。
北大阪インプラントセンターでの安全のための取り組みとしては、
まず、しっかりと手術前の検査を行い、危険がないと考えられる場合のみ
手術を行い、無理な手術は絶対に行わないということです。

インプラントをするには骨量が足りない患者さんの場合には、歯科レンチ式
骨を作る治療についてもしっかりとご説明し、
納得していただいてから治療に入ります。
治療期間は余分にかかりますが、インプラント治療の
成功のためには絶対に必要なことです。

この説明と同意をインフォームドコンセントと言いますが、
この患者さんに対する治療説明の段階も大変重要だと考えています。

北大阪インプラントセンターには無料の電話相談窓口があり、
専任のカウンセラーが電話でのご相談におこたえしています。
インプラント治療に関して不安やお悩みがおありのかたは
どうぞお気軽にお電話下さい。

関連記事:安心して治療を受けていただくために
[PR]
by uraeloene | 2017-05-26 11:00 | Comments(0)

11月22日(火),東京歯科大学(東京都千代田区)にて,日本老年歯科医学会による「高齢期における口腔機能低下症」の概念と診断基準に関する学会見解の報道発表,および報道説明会が開かれた.
 同学会では以前より,高齢期における「口腔機能低下症」を提言し,多くの研究と検討を進めてきたが,本会では,より確実なエビデンス構築を目的として試作された診断基準が発表されたアマルガムミキサー
 まず,同学会理事長である櫻井 薫氏(東京歯科大学老年歯科補綴学講座 教授)が登壇.本会の概要および発表の経緯を説明したうえで,口腔機能低下症の疾患概念と学会見解を概説した.
歯科用アマルガムミキサーHL-AH G7
オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2094-b0-歯科ハンドピース用-カートリッジ.html

 つづいて同学会学術委員会委員長である水口俊介氏(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科高齢者歯科学分野 教授)が登壇.口腔不潔や咀嚼機能・嚥下機能低下といった口腔機能低下症の診断基準となる7つの症状について,各項目の検査方法と評価基準を紹介した.同基準が広く歯科医療従事者に応用されることを狙い,さらには広く国民への周知も目指して,本会を起点に今後もエビデンスを積み重ねていくことが明言された.

また,前述した口腔機能低下症診断の検査・診断の体験会も開催され,本会に出席した各社報道者が参加した.
関連記事

歯科治療で突然のむくみ!? 「遺伝性血管性浮腫」の危険性と予防


[PR]
by uraeloene | 2017-05-25 12:43 | Comments(0)

最近はお子さんののむし歯だけでなく、歯並びも心配されることが多くなってきたように感じます。
「矯正しているお友達がいますが、うちの子も始めた方がいいですか?」というご相談を受けることが非常に増えました。
今回は、ママ歯科医である筆者が、「子どもの歯並び」についてお伝えします。
歯科抜歯用ルートエレベーター(メタルハンドル)(9本入セット)
悪い歯並びは遺伝だけでなく生活習慣も原因
「歯並びやかみ合わせは遺伝するから仕方ない」という言葉をよく聞きますよね。
歯並びやかみ合わせが悪い原因としてよく言われる“遺伝”。
ですが実際は遺伝的要因だけでなく、それ以外の生活習慣などの後天的な原因も関係していると考えられてきています。
以下に挙げるような習慣がお子さんにないかどうか、チェックしてみてください。
オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2069-b0-歯科用ルートエレベーター.html

(1)癖
指しゃぶりやおしゃぶり、唇を咬んだり唇を吸う癖、 舌の癖(舌を咬む、舌を出す、舌の位置の不正)、ゴクンと飲み込む嚥下の異常、爪を咬む癖、さらには寝相も関係すると言われています。
(2 )鼻の病気
鼻が慢性的につまっていると、口呼吸につながることがあります。
(3 )歯に関する異常
歯に関するトラブルから歯並びが悪くなることも多いので注意が必要です。
むし歯や怪我で早期に乳歯を抜歯した場合は、生え替わるスペースが失われることがあるため、適切な処置が必要です。
また、裏から永久歯が生えているのにいつまでも乳歯が残っていることがありますアマルガムミキサー。歯の生える時期や方向が異常なこともあります。
加えて永久歯に余分な歯(過剰歯)があったり、歯の数が足りない(乳歯や永久歯の先天性欠如)と歯並びに影響することがあります。
矯正はいつからできる?
歯の矯正に関して「何歳ごろから始めれば良いですか?」という質問を大変多く受けるようになりました。幼稚園や小学校のお友達が装置を付けているのを見て、そろそろなのかなと思われるようです。
まさにこの、「何歳ごろから治療すべきか」という点は矯正歯科の各学会でも議論されているところです。『上顎前突の早期治療についてのガイドライン』が日本矯正歯科学会や日本歯科矯正専門医学会から出されており、他のかみ合わせや歯並びについても検討されていくと思われます。
現状では、歯並びやかみ合わせの不正咬合の程度によって、どの時期に始めるれば良いかは異なります。
受け口の場合、乳歯しか生えていない乳歯列期のうちに治療を開始することもあります。
また、指しゃぶりやおしゃぶり、爪を咬むなどといった癖が大きな原因と思われる場合は、矯正治療とともに癖へのアプローチも必要なことがあります。
最終的に永久歯が生えそろう12歳ごろまで、長期にわたって歯並びやかみ合わせは変化します。
注意点としては、歯並びやかみ合わせは加齢などによっても少しずつ変化するため、小さい頃に行った治療が、将来にわたって永久歯の適切な歯並びやかみ合わせをすべて約束するものではない、という点です。
矯正の費用と種類
歯科矯正治療はほとんどの場合、保険診療ではなく自由診療となり、歯科医院によって費用の設定が様々です。
日本小児歯科学会のホームページによれば、子どもの歯の時期(乳歯列期)は、3万~20万円、永久歯と乳歯が混ざった時期(混合歯列期)は15万~60万円、すべて大人の歯の時期(永久歯列期)は50万~130万円と費用にはかなり幅があります。
乳歯列期や混合歯列期(生え替わりの時期)を「一期治療」、永久歯のみの永久歯列期(12歳ごろ)を「二期治療」と呼ぶことが多いです。どの時期にどのくらい費用がかかるのか、二期に渡る場合は別途費用がどのくらいかかるのか、よく検討してからスタートしましょう。
装置の種類によっても金額が異なる場合が多いです。子どもの頃に使う装置としては、取り外せない固定式、取り外し型(上と下が分かれているものや、上下一体型など様々)があります。またお口の外にわたって使うものもあります。
小さな子どもの場合、夜間ずっと装置をはめていることが難しいことも多いです。装置をはめていないと、歯並びやかみ合わせは変化しません。
矯正歯科で相談するときは、一期だけでなく、二期に渡ってかかるのか、何歳ごろまで診てもらえるのか、よく聞いてみましょう。加えて子どもが続けられるかどうかも重要な点ですので、よく検討しましょう。
家庭でできる歯並び予防
最後に、家庭ですぐにできる歯並び予防法を3つご紹介します。
(1)指しゃぶりやおしゃぶりという癖に気をつける
指しゃぶりは3歳頃までは様子を見る傾向にあります。もし4歳を過ぎても続くようならば、小児歯科で歯並びへの影響をチェックしてもらいましょう。
おしゃぶりは言葉を話し始める1歳ごろから、常時使用するのはやめましょう。その際、癖をきつく注意するのではなく、他の遊びに誘ったり、外で思い切り遊ぶなど気持ちを切り離すといいでしょう。
他にもうつぶせ寝や頬杖、唇を噛む癖や、舌を突き出して飲み込むといった癖がみられたら、歯並びに影響が出ているのかどうか、小児科や小児歯科で相談してみましょう。
(2)口呼吸から鼻呼吸へ
口で常に息をしているだけでなく、ぽかんと口を開けているのもお口の中が乾きやすく、唇の力が歯に適切にかからないため、歯並びに影響があることがあると考えられています。舌の位置は上顎につけておきましょう。
もしお子さんに耳鼻科疾患がある場合は耳鼻科で鼻の通りをよくしてもらいましょう。
(3)乳歯のむし歯や怪我はきちんと治療する
乳歯はあとに生えてくる永久歯の場所をキープするために大切な存在です。むし歯や怪我で乳歯を抜くことになった場合は、小児歯科などできちんとスペースを保つための治療を受けましょう。
歯と歯の間のむし歯も、歯が寄ってしまいスペースが狭くなることがあります。
定期的にむし歯や歯並び・かみ合わせのチェックを受け、必要な治療をしましょう。
いかがでしたか。
「ママやパパの歯並びが悪いから、この子もガタガタなのかな……」と悩まれている方は多いです。でも、指しゃぶりなどの癖や口呼吸なども関係していると考えられているので、おうちでも気をつけられる点はたくさんあります。
矯正治療を行う際も、装置をはめたりとおうちの方のサポートが重要です。始める前には、子ども自身が続けられそうか、費用は適切か、通院しやすいかなど、ご家族でよく検討されてからスタートしましょう。
関連記事

大人の虫歯は金属詰め物の下で/照山裕子お口の悩み


[PR]
by uraeloene | 2017-05-24 15:09 | Comments(0)

2017年5月10日(水),11日(木),名古屋キャッスルプラザ(名古屋市)において,全国歯科技工士教育協議会(全技協)主催の標記会議が開催され,全国52の歯科技工士養成校より110名の理事長・教務主任らが参加した.

 初日は理事長・校長会議,教務主任会議として,基調講演や特別講演などが行われた.
 基調講演「歯科技工士養成における大綱化と単位制」では,はじめに全技協会長の尾﨑順男氏(日本歯科大学東京短期大学)が登壇歯科用ルートエレベーター.大綱化の意義について概説したうえで,大綱化を求める要望書を全技協・日本歯科医師会・日本歯科技工士会の連名で厚生労働省に提出したことを報告した.続いて和田康志氏(厚生労働省医政局歯科保健課)より,大綱化実施のための法令改正のスケジュールや,各養成校において必要な準備などについて解説がなされた.講演後には質疑応答の時間も設けられ,会場から寄せられた質問に対して両氏が回答した.
歯科抜歯用ルートエレベーター(プラスチックハンドルハンドル)(9本入セット)
続いて「『入卒状況・就職状況』について」と題して尾﨑氏が講演し,今年度の入学者数や卒業者数,求人数,就職状況などを報告した.
 特別講演「人口動態変化と日本経済」では,中山厚氏(愛知学院大学経済学部特任教授)が登壇.人口減少時代において求められる経済政策を論じた.

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2043-b0-アマルガムミキサー.html

 翌21日(土)に開催された総会では,今年度の事業計画案,収支予算案が審議され,ともに可決された.

来年度の総会は,2018年5月18日(金),19日(土),京都タワーホテル(京都市)にて開催予定.

関連記事

歯が抜け落ちる…歯周炎、「歯磨きで防げる」のまやかし、新事実浮上


[PR]
by uraeloene | 2017-05-23 16:08 | Comments(0)

同率第5位:歯科医師に指導してもらった/口に入れたくなるデザインの歯ブラシを与えた(各16票)
第5位は同票で2つの答えが挙がってきました。1つ目は、

「歯医者に連れていき、歯磨きの大切さを説明してもらった」(40代・女性)
という回答。親が言って効果がなくても、歯医者さんに言われれば子どもに響くのかもしれませんね。
NSK コントラアングルハンドピースとエアーモーターセット
同票で、

「まずは口にくわえたくなるようなデザインの歯ブラシを与えてあげた」(30代・女性)
といった回答。やはり形から入る作戦は効果的なようです歯科用インプラント装置

歯磨き粉のパッケージも、同じように子どもが気に入るデザインをチョイスしてあげると、さらに効果てきめんかもしれませんね。

歯科医師に聞く!歯ブラシの正しい「選び方・保管方法・交換時期」

第4位:虫歯の治療は痛いと脅し続けた(23票)
歯を削るドリルのモーター音を聞くだけで、恐怖心がよみがえってくるという大人も少なくないはずエアモーターセット。小さいときに受ける虫歯の治療のイメージって本当にこわいものですよね。その恐怖を逆手にとって、

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2080-b0-エアモーターセット.html

「治療には痛みと恐怖が伴うと伝え続けた」(40代・主婦)
という人が少なくないようです。ただ本当に虫歯になってしまったときには、恐怖を植えつけた分、歯医者まで連れて行くのが大変そう……。

甘いものが原因じゃない!歯科医が警告「虫歯を招く」NG食習慣3つ

第3位:定期健診に連れていった(24票)

第5位の歯科医師に指導してもらったという回答に近いですが、定期健診に連れていったという人も多いようです。

富山県小矢部市で渡辺歯科医院の院長を務める歯学博士の渡辺智良先生にアンケート結果を見てもらうと、やはり親が歯磨きの重要性や意義をきちんと理解していると、子どももしっかり歯磨きする傾向にあるのだとか。

まずは親が歯科医院に定期健診に出かけ、そのついでに子どもにも歯磨きの指導や歯磨きの大切さを教えてもらうといいのかもしれませんね。
関連記事

本当は怖い歯の治療…銀歯を入れるのは日本人だけ?


[PR]
by uraeloene | 2017-05-22 11:59 | Comments(0)

歯を失うことは患者さんに大変な精神的なストレスを与えます。
噛めないことによる食事の変化によって身体が直接的にダメージを受けることも深刻な問題ですが、精神的なストレスという心の問題も決して無視することは出来ません。エアモーターセット

このことを踏まえると、将来的に身体的にも精神的にも健康に暮らしていくためには、インプラントの効果は大変大きいと考えます。

それはインプラント治療後の患者さんの瞳に輝きが増すことからも明らかです。
患者さんはしっかり噛めるようになることで生きる自信を取り戻したと言っても過言ではないと思います。外科用インスツルメント

Woodpecker®UDS超音波スケーラー用チップGD7(クラウン除去用、SATELECと交換、5本入)

それほどに噛むということは人間の治癒力、生命力に直結しているのです。
噛むことで脳の働きが良くなるとよく言われますが、実際に歯を失うことなく自分の歯で噛めている方は例え老齢の方であったとしても若々しく、声や態度にも生命力がみなぎっています。

65歳以上の方を対象にした調査で、歯科技工用真空成型器ご自身の歯がしっかりしていて噛む能力が高い方は骨密度が高い傾向があり、その方たちは片足立ち等の運動能力も優れておりスタミナもあり、年齢よりも若い身体能力をもっているとの報告があります。

みなさんも骨密度を測る機会がありましたら、ぜひ測ってみてください。
ご自身の今の状態を知っておくことは現在の健康状態を知るための参考になると思います。

関連記事:ブローネマルク博士の発見
[PR]
by uraeloene | 2017-05-22 11:04 | Comments(0)

歯が痛いと想像以上に生活しにくいものだ。痛いと慌てて歯科医院に行ったり、予約を取ったりするが、特に痛くもない場合、歯科にはなるべく近寄りたくないのが心情だ。しかし、年齢を重ねると自覚のない虫歯が増えるというアマルガムミキサー。サンスターグループでは、一般企業などで実施している産業歯科検診の受診者38,476人(20~69歳の男女)にアンケートを行い「大人の虫歯」の実態をまとめた。

虫歯があっても気付かない人が40歳代から急増
歯科用アマルガムミキサーHL-AH G6
 厚生労働省歯科疾患実態調査(平成23年)によると、子ども(5歳以上10歳未満)で虫歯を持つ割合は10%であり、20歳以上80歳未満では80%以上に上った。過去の調査と比較すると、5 歳以上 25 歳未満では虫歯は減少する傾向にあるが、45 歳以上では、増加している。

 年齢を重ねると、初回の虫歯治療後の詰め物の隙間に虫歯菌が入り込むことによって再発を引き起こす「二次う蝕(再発虫歯)」や、加齢や歯周病によって歯茎が下がり、歯の根元の象牙質が露出することで歯の根元にできる「根面う蝕(根元虫歯)」が生じる歯科ハンドピース用 カートリッジ。こうした虫歯を「大人虫歯」とした。

今回の調査では、虫歯のある74%の人が「歯が痛む」「しみる」とは感じていないことが分かり、年齢を重ねると虫歯に気付きにくくなるという傾向が明らかになった。

また、虫歯を自覚していない人の割合を年代別に見てみると、20代の約68%から40代になると約76%に増加しており、40代を境に症状を自覚しにくくなる傾向があることが分かったという歯科用ルートエレベーター

サンスター財団の鈴木秀典先生によると「二次う蝕は数回に渡る治療により神経を取り除いた歯である確率が高く、痛みを感じにくい虫歯です。また、根面う蝕は歯茎が下がって露出した歯根に発症するため、ある程度、高齢の方に特有。虫歯の深さの割には痛みを感じにくい特徴がある」という。

 予防するためには、「定期的に歯科院を受診し、検診とともに歯のクリーニングやフッ素塗布などのケアを受けること」に加えて、「家庭におけるフッ素入りハミガキ剤やフッ素入り洗口剤の活用」を勧める。
関連記事

低濃度のウイルスを簡便に検出できるバイオセンサーを開発-産総研


[PR]
by uraeloene | 2017-05-20 00:32 | Comments(0)

歯科治療中に歯にかぶせる金属の歯科材料や治療器具を患者がのみ込む事例が、過去約6年間で30件あったことが日本医療機能評価機構の調査でわかった歯科用インプラント装置。腹痛を起こし、内視鏡で胃から異物を取り出す例もあった。機構は「歯科医師は上半身を起こして治療したり、口の中をガーゼなどで覆ったりするなど予防策を講じてほしい」としている。

 機構が全国約1千の医療機関から2011年1月~16年9月に集めた医療事故情報を分析した。
NSK向け歯科タービンカートリッジ( NSKVIP-II-Standard-Head-Push-Button-Type)
 調査によると、30件の異物の多くは歯にかぶせる金属冠やワイヤなどの金属で、エックス線検査で胃や気管支などで確認された歯科技工用真空成型器。原因としては、歯科医らが治療時に持っていたものを落とすことが10件と最も多く、歯に装着した物などの落下が6件、医療機器に接続されていたものが外れて落ちたのが4件と続いた。

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2094-b0-歯科ハンドピース用-カートリッジ.html

 患者の年齢別では70代、80代以上がそれぞれ9件ずつだった。多くの場合、異物を内視鏡で取り出しており、全身麻酔をしなければ取り出せないような例もあったという。
関連記事

歯科医師過剰は本当か? このままでは相模原市が歯科医療空洞都市となる!


[PR]
by uraeloene | 2017-05-18 17:14 | Comments(0)