もともと家事に慣れている女性とは異なる工夫をしているのですね

高橋: そうです。また、私は現在、この「男の介護教室」の事業評価のためにインタビューやアンケートを実施していますが、次のことが明らかになっています。ホワイトニング機器

 介護福祉や医療歯科等の専門家であるスタッフにとっては、「男の介護教室」開催を通じて、幅広く要介護者と男性介護者の生活の理解が進み、それにより、さらに適切なサポートができるようになったり、多様な職種の方々との関係を築くことができたりするという利点があります。講話や実習をスタッフ自身も参加することで、知識の幅を広がったなど、通常業務では得られない効果があり、本職のほうでも「男の介護教室」で得られた知識や人脈を活用しているそうです。歯科根管治療用

 また、高齢化の進む地域で支え合う仕組みをつくることを目指す、地域包括支援センターや施設にとって、「男の介護教室」は地域の専門家がつながったり、介護者同士がつながったりする、社会資源の開発のツールとしてとらえられています。河瀬代表や高橋副代表が、男性介護者支援のカギとなる様々な行政や民間事業者の関係者に教室のお手伝いや視察を呼び掛けていることで、男性介護者への理解がすすんできました。


http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/45733


[PR]
by uraeloene | 2017-08-09 17:17 | Comments(0)