東京医科歯科大歯学部付属病院(東京都文京区)で、歯科医師の首や腹を刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで、日本医科大医学部4年の渡辺祐介容疑者(30)が現行犯逮捕された。現役の医大生が病院内で刃物を振り回した凶行の裏側には、いったい何があったのか。超音波スケーラー用チップ

白い巨塔に響いた怒号

 「てめえ、何してくれてんだよ!」。男の怒号とともに、女性の悲鳴や診察台が倒れるもみ合いの音が病院の静寂を切り裂く。人命を救う医師を目指すはずの医大生が手にしたのは、メスではなく刃渡り約21センチの牛刀やナイフ。白衣の下に刃物を隠し、外来患者で混み合うフロアを抜けて処置室に入ると、いきなり勤務中の男性歯科医師(41)に切りかかった-。

 事件が起きたのは午前10時半ごろ。診察に訪れていた墨田区の女性(39)は、「先生が刺された!」という職員の叫び声で身体が凍り付いた。診察や治療はストップし、職員たちがフロアを慌ただしく駆け回る。外来患者への詳しい説明はなく、「急病人が出たのでしばらくお待ちください」とアナウンスが流れたのみだった。歯科研磨機

 渡辺容疑者は間もなく処置室にいた他の医師らに取り押さえられ、病院職員が「医師が刃物で刺された」と110番通報。駆けつけた警視庁本富士署員が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。首や腹を刺された歯科医師は担架で運ばれており、目撃した女性は「顔にガーゼが貼ってあって痛々しかった」と証言。歯科医師は3週間の重傷を負ったが、命に別条はなかった。

 事件発生後、JR御茶ノ水駅にほど近い同病院には捜査員や病院関係者が頻繁に出入りし、一時騒然とした。渡辺容疑者が籍を置く名門私大の日本医科大(文京区)にも衝撃が走った。


http://1137.jp/post/entry/10653


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-22 15:38 | Comments(0)

 歯周病は実に恐ろしい病気だ。歯の周りの骨が溶け、歯茎が赤く腫れる、血が出る等の症状が現れ、最終的には歯が抜ける。お年寄りになると入れ歯が増えるのは歯周病の影響だ。

 その特徴は「3S」と言われる。まず「Silent(静か)」。自覚症状が少なく、重症化しないと気づけないのだ。次に「Social(社会的)」。歯周病は日本人の成人の8割以上が罹患していおり、歯を失う原因の第1位、由々しき問題なのだ。最後は「Self Controllable(予防可能)」。ケア次第で、予防可能といわれている。根管治療機器

 ケアの常識は単純だ。今まで「歯周病の最大の原因は歯垢に潜む細菌である」とされてきた。そこで「日常的に歯と歯茎を丁寧にブラッシングし、歯垢を除去することが最も有効だ」といわれる。

 しかし、丸橋全人歯科の辻本仁志院長は、別のアプローチを試みていた。

「もちろん歯垢除去は大切ですが、これに加え3週間ほど、食事の糖質を少なくするか、白米を玄米に変えてみてほしいのです。初期の歯周病であれば、症状が劇的に緩和される場合がありますよ」歯科技工用技工機器

 丸橋全人歯科は、その名の通り「歯は全身と影響を及ぼしあっている」と考え、治療を行う歯科医だ。現状の保険制度では、この病院の医師たちが考える治療がしにくいため、保険を利用しない形で治療を行っている。

 辻本院長よれば、先の主張をするにあたって、重要なデータがあったという。

「実は、縄文人は歯周病がほとんどなかったのです。また、先代の院長は歯と全身の関連を研究するため、モンゴルでも調査を繰り返しました。結果、都市部では歯周病が見られたもののの、遊牧民の間ではほぼ見られなかったのです。ブラッシングに関しては、我々、現代の日本人のほうが、よほどしっかり実践しているにもかかわらずです」

 辻本院長らは「現代日本人の生活習慣や食生活に原因があるのでは?」と話し合うようになった。そんななか、辻本院長はある法則性に気づいていった。

「患者さんの中に、ブラッシングを徹底的に行ない、スケーリング(歯石の除去)を行っても、歯周病がどんどん悪化していく方たちがいました。しかも、これらの患者さんは、歯周病で歯がなくなったあと、インプラント治療を行うために歯のまわりの骨を補強する手術を行っても、元の骨が柔らかすぎて、いい結果が出せないのです」


https://latte.la/blog/96130221


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-22 15:30 | Comments(0)

検査や相談で啓発

藤沢市歯科医師会が主催する「お口の健康フェスティバル」が6月4日、湘南台駅地下通路で開かれた。会場では、歯科医による虫歯や歯周病の簡易検診や歯に関する相談が行われ、多くの市民が参加し歯や口の健康について考えていた。ボトル付きスケーラー

 この催しは、「歯と口の健康週間」(4日から10日)に合わせ毎年行われているもの。口臭測定や虫歯、歯周病のリスク検査をはじめ、ブラッシング指導、歯科技工物のサンプル展示、保健師の禁煙相談などのブースが設けられた。

 当日は開始時間前から行列ができるほど多くの人が集まり、口臭測定や検査、相談をする姿が見られた。この日は、約2200人が訪れた。歯科用切削研磨セット

 主催した同会の雨宮啓実行委員長は「湘南台での開催が今年で10年目になり、これまで多くの市民の参加や、さまざまな企業の協力が増え、栄養士、歯科技工士など横のつながりも強くなっている。お口の健康は、全身の健康の維持増進に大きな役割がある。市民の皆さんの健康につなげたい」と話した。



[PR]
# by uraeloene | 2017-06-22 02:19 | Comments(0)

虫歯予防としてもっとも手軽に低コストで行えるのが歯みがき。しかしながら食事をするたびに行う必要があることや、道具が無ければできないこと、怠ったことで生じるマイナスの影響がすぐには生じないことから、消極的な人も少なくない。今回は厚生労働省が2017年6月に発表した歯科疾患実態調査(※)の2016年調査分の概要から、歯ブラシの使用状況、つまり歯みがきの実情について確認する。歯科用インプラント装置

虫歯予防の一環として、歯ブラシを使った歯みがきは欠かせない。通常は一日三度の食事を摂るため、食事後毎に歯みがきをするとなれば、一日三回は歯みがきが必要になるし、間食後に歯みがきをするのなら回数はさらに増える。他方、場所柄歯みがきが難しい場面での食事(例えば外食時)は減り得る。

今件は歯ブラシを一日何回用いているかについて尋ねたものだが、「毎日みがく」人は調査のたびに増加し、直近では95%を超えている。

みがく回数も「一日一回」が減り、まずは「一日二回」が増え、さらに最近ではそれも横ばいの動きを見せると共に「一日三回」が漸増している。つまり「みがかない人が減り、みがく人が増えている」「みがく人においてもみがく回数が増えている」ことになる。エアモーターセット

毎日歯をみがいても虫歯になる人はいるし、みがかなくても虫歯にならない人もいる。しかし虫歯予防・口臭予防のために歯みがきは欠かせない。その観点では歯みがきをする人が増え、その回数も増えているのは喜ばしい状態に違いない。


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-22 02:16 | Comments(0)

さて、逮捕された仲良し大麻歯科医師3人組の気になる今後だが――ドラッグで初めて逮捕された歯科医師たちは、裁判で執行猶予判決を受けたのち、平均して5年間は厚生労働省から歯科医師免許を停止されるのが通例だ。

 しかし、その後は、まず確実に歯科医師の資格は復活するのだという。ボトル付きスケーラー

「彼らもまた、いずれ治療の現場に戻りますよ」とN医師はいう。「僕らは歯科医師法という法律で守られているんで、たとえば今回のように大麻で逮捕されても、歯科医師免許が永久にはく奪されるということはないんです。5~6年すればまた治療活動に戻ることができる。とはいえ、さすがにもう開業はできませんよ。仲間が経営する医院に雇われて月給で働く、しがないサラリーマン歯科医になるわけです」

 N医師によると、サラリーマン歯科医師となった場合の年収は600万円弱とのこと。およそ開業時代の三分の一とのことだが、それでも薬物で逮捕経験のある者の収入としては、恵まれた待遇と言えるだろう。

「こうした事件は二度と起きて欲しくないし、また起こしてはならない。自分もまた医師の一人として、強くそう思います。学生時代からの意識の持ち方が大切で、そういう意味では、歯科大学にも、学生の意識指導に力を入れるなど改革が必要だと思いますね」と、N氏は今回の事件を締めくくった。歯科用切削研磨セット

 一度歯科クリニックの椅子に座って口を開けた患者は、もうすべてを歯科医師にゆだねて、その苦しさに耐えるしかない。どうか患者のために、すべての歯科医師は、正しい緊張感を持って治療にあたってほしいものである。


[PR]
# by uraeloene | 2017-06-20 17:58 | Comments(0)